厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

大災害級のコロナウイルス感染拡大 『妊婦と赤ちゃんを救う。いのちを繋げる。』 パパ・ママの代弁者 神奈川県議会議員 山口たかひろ

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 我々の『いのちと健康』そして『大切な家族の笑顔』までも奪ってしまうコロナウイルスが次々と型を変異させ猛威を振るい、世の中が『大災害級』に見舞われています。新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した後に感染が判明する「ブレークスルー感染」や、子どもの感染から家庭内感染が生じるなど、トンネルの先にまだ光が見えない状況です。

 テレビでは日々、コロナ感染した重症、中等症等の患者が医療従事者の方と共にコロナと戦っている姿が映し出され、その様子を見るたびに胸が締め付けられます。『助かれ!がんばれ!』と心の中で叫び、命が繋がることを願うところです。

 先日、中等症で入院していた方のご家庭から、「症状が良くなったので自宅療養に切り替わったが自宅療養中に再度、症状が悪化し救急車を要請するも中々繋がらず、また県の保健福祉事務所の電話も繋がらない」という現状のお話がありました。幾度とかけ直した結果、救急車と連絡がとれ以前入院していた病院に搬送されたとのことです。医療が逼迫し即座に対応できない現状に、国・県・市が一体となり重症者、中等症者、軽症者の『いのちを守り、助ける』ための取組みが求められます。医療従事者の確保など課題は多いですが、コロナ病床や宿泊療養施設の拡大、県央地区への緊急酸素投与センターの迅速な設置、そして妊婦のワクチン優先接種枠また感染妊婦の適切な搬送先確保等、更なる医療体制の充実に全力を尽くす覚悟です。

 ぜひ皆様においても『いのちと健康』そして『大切な家族の笑顔』を守るため、『ワクチン接種(任意)』そして『手洗い・うがい・マスク』を改めて徹底して頂くようお願いします。

医療従事者等への感謝を込めたブルーライトアップ(県庁)
医療従事者等への感謝を込めたブルーライトアップ(県庁)

山口貴裕事務所

厚木市中町4−6−11 4F 山口たかひろ事務所

TEL:046-225-1768

https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.775

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

市民の意見を市政に

市民の意見を市政に

後藤由紀子

7月1日号

代表質問に登壇人手不足分野への対応を

県政報告

代表質問に登壇人手不足分野への対応を

神奈川県議会議員 佐藤けいすけ

7月1日号

最終年も全力投球

最終年も全力投球

県会議員(無所属)さとう 知一

6月24日号

提案実現!ウクライナの子供達が描いた絵画展示

提案実現!ウクライナの子供達が描いた絵画展示

横浜国大大学院在学中 厚木市議(無会派) 高田ヒロシ

6月24日号

かながわの特別自治市構想

山口の実行力!行動力!実現力!

かながわの特別自治市構想

神奈川県議会議員 政務調査会副会長 山口たかひろ

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook