厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

半原小学校旧校舎 懐かしの学び舎再現 歴史的資産として活用

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
県内最古の木造校舎で授業を受ける同校3年生児童
県内最古の木造校舎で授業を受ける同校3年生児童

 現存する県内最古の木造校舎である半原小学校旧校舎の一室を愛川町が「懐かしの学び舎」として整備し、10月4日に開館セレモニーと公開授業を行った。町では今後も歴史講座や社会見学など、郷土の歴史を伝える施設として活用していく。

 同校旧校舎は1926年(大正15年)に地元の半原宮大工によって建築され、77年度に鉄筋校舎が建てられるまで使用された。79年度から08年度まで町郷土資料館として使用されたが、閉館後は郷土資料の保管施設となっていた。

 町では、この校舎を郷土の歴史を伝える施設として活用するため、20年度から事業に着手。校舎の一室を「懐かしの学び舎」として、昭和の雰囲気を再現した。

 10月4日の開館セレモニーには、小野澤豊町長や馬場司町議会議長、佐藤照明教育長らが出席し、卒業生有志が制作した記念文集や絵はがきが児童に手渡された。式典で小野澤町長は「多くの人たちに愛され、活用されていくことを期待しています」と話した。

 セレモニー後の公開授業では、町郷土資料館学芸員の山口研一氏が講師となり、同校3年1組の児童に昭和初期の古い道具の紹介を行った。

 町では今後、再現した教室を活用し10月23日(土)と30日(土)に歴史講座を開催する。テーマは23日が「日本社会における学びの歴史」、30日は「木造校舎の旅」。時間はともに午後1時30分から3時30分で受講無料。定員は各日先着15人。問合せや参加申込みは町郷土資料館【電話】046・280・1050へ。

卒業生有志が記念文集

 懐かしの学び舎再現事業をうけ、かつて同校木造校舎に通った卒業生が「有志の会」を立ち上げ、記念文集「思い出がいっぱい 半原小学校は心のふるさと」と、木造校舎の描かれた絵はがきを制作。9月30日に文集400冊、絵はがき3千枚を愛川町へ寄贈した。

 この文集では、木造校舎時代の半原小学校での生活や戦争当時の暮らしなど、90代から50代の21人が寄稿。町役場で行われた寄贈式では、同会の和田一雄代表から文集と絵はがきに加え、10万円の寄付金も小野澤町長に手渡された。文集と絵はがきは今後、同校児童のほか関係者にも配られるという。和田代表は「新しい世代に、学び舎の存在意義を伝えていけたら」と話す。文集について詳しくは同会(齋藤さん)【電話】046・285・0531へ。

机や椅子、教卓なども昔の木製で揃えた
机や椅子、教卓なども昔の木製で揃えた
町役場での寄付
町役場での寄付

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

本格化に向け準備進む

ワクチン3回目接種

本格化に向け準備進む 経済

給付金「想定しながら迅速に」

11月26日号

落書きゼロめざして

県道42号長坂立体付近

落書きゼロめざして 社会

地域が協力して壁画制作

11月26日号

コロナ対策で独自事業

愛甲郡

コロナ対策で独自事業 社会

支援金給付や応援券配布

11月19日号

来園者1千万人を達成

荻野運動公園

来園者1千万人を達成 社会

開園から32年で大台に

11月19日号

再開発準備組合を設立

本厚木駅北口地区

再開発準備組合を設立 社会

検討区域面積は約1.5ha

11月12日号

十二支巡り12月開始へ

厚木巡礼史跡文化の会

十二支巡り12月開始へ 文化

寺院を回り御朱印収集

11月12日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook