厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

ZOOM UP 地域を繋ぐ新たな場所を 八菅橋令和の広場推進協議会

コミュニティ社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
10月10日に行われた草刈り活動の様子
10月10日に行われた草刈り活動の様子

 ▽愛川町中津の有志が集い、地域を繋ぐ新たな団体「八菅橋令和の広場推進協議会(柏木忠昭会長)」が活動している。10月10日には、中津川の八菅橋周辺で草刈り活動を実施し、16人が参加した。同協議会では今後も地域の自然や歴史を伝える講演会をはじめ、河川敷の憩いの場づくりなどを目指す。

 ▽同会の発足は2020年7月。新型コロナウイルス感染症の影響で様々な地域のイベントが制限されるなか、「中津の地域が繋がるために、何かできないか」と、柏木会長を中心に約10人で準備会を設立。中津小学校区の各行政区を中心に声をかけたところ、区長や学校関係者、町議会議員など次々と賛同者が集まった。現在は約30人が役員として名を連ねるが、イベントごとに地域の住民も参加するという。近くに県内陸工業団地があることから地域では外国籍の住民も多く、「活動を知った外国籍の方が参加されて言葉を教えてくれるなど、国際交流にもなりました」と柏木会長。

 ▽コロナ禍もあり、現在の主な活動は河川敷の整備だが、同会では大きな2つの構想を持っているという。一つは「次世代のために、伝統や自然を引き継いでいく」というテーマ。同会では河川整備と並行して、中津川に生息する絶滅危惧種の多肉植物「ツメレンゲ」を保全する活動も行っている。また、人が集まるイベントが可能になれば、地域の歴史や自然遺産などを解説する講演会なども計画している。もう一つのテーマは「地域を繋ぐ場所づくり」だ。「今の中津小学校がある場所には、昔は中津村役場があり、そこから川を見下ろすと、八菅山と河川敷が一望できました。この場所は、中津地域の象徴的な場所だと思っています」と柏木会長は話す。同会では、八菅橋下流の一帯を整備してイベント広場や観光農園などを備えた「八菅橋令和の広場」構想を作成。実現に向けて取り組んでいくという。「一気に作るのは難しいですが、少しづつでも進めていきたい。人々が集い、中津地域の素晴らしさを子ども達に伝えられる場所を作りたい」と柏木会長は夢を描く。

保存に取り組んでいる「ツメレンゲ」
保存に取り組んでいる「ツメレンゲ」

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

可愛い寅 大集合

可愛い寅 大集合 社会

愛川郵便局で展示

1月21日号

はやぶさ1部昇格決定

はやぶさ1部昇格決定 スポーツ

次戦シーズン全勝めざす

1月21日号

商業活性化や賑わいを推進

商業活性化や賑わいを推進 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月21日号

情報を共有し更に強い商店会へ

情報を共有し更に強い商店会へ 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月21日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月21日号

無病息災祈りどんど焼き

ムツアイホーム

無病息災祈りどんど焼き 文化

「早く平穏な日常に」

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook