神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

下長谷に密着、第50号へ 自治会役員ら取材

コミュニティ社会

公開:2022年5月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
どの紙面も地域の顔や旬の話題で埋め尽くされている
どの紙面も地域の顔や旬の話題で埋め尽くされている

 独自の会報を継続的に発行している下長谷自治会(渡辺正志会長)が、節目となる第50号の編集に取り掛かっている。約250世帯に向けたA4サイズの紙面には「会員宅の桜が見ごろ」「ごみ集積所を修繕した」など、身近な話題が凝縮され、ファンが多い。

 第1号の発行は7年前。以来編集は前自治会長の西村茂さん(69)が中心となって続けている。コロナ禍で各地の行事の縮小や中止が続く中、「地域をより良くする自治会活動に変わりはない」と、地域での取り組みや成果はつぶさに取り上げてきた。通勤時間帯に猛スピードで走る車がある、道路の舗装が劣化している、公園の水はけが悪い、ごみ集積所にスズメバチが出た--住民から寄せられる課題に着目、単に報じるだけでなく、行政などに働きかけて改善するまでを追う。コロナ禍でマスク姿が当たり前だが、その分役員就任の紹介は一人ずつ顔写真を載せている。

 「自治会に加入してほしい、そのためには知ってもらわないと」。仕事でパソコンに慣れていたこともあって編集を担ってきた西村さんだったが、交通事故で負傷して会長を退いた。足は動かしにくくなったが、バイクに乗って取材に動く。

 渡辺会長も取材をはじめ、世相を織り込んだコラムを執筆。「今後は自治会にある身近な企業を紹介し、地域の人や家の話題をもっと増やしたい」と、構想を語った。

現在50号を作る西村さん
現在50号を作る西村さん

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

特区でロボット開発

厚木座間綾瀬の4社

特区でロボット開発

実用化へ県も支援

6月30日

町内初の外国籍消防団

愛川町

町内初の外国籍消防団

災害時、母語で避難支援

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook