厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

データサイエンスで勝つ 厚高野球部、寄付金で新機材

スポーツ

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
野球部は総勢30人。部員であり研究者でもある
野球部は総勢30人。部員であり研究者でもある

 厚木高校野球部が「県のまなびや基金」で募った資金で、ピッチング・バッティング測定用の新機材「ラプソード」を導入した。「データサイエンス野球」を掲げ県選手権ベスト8を目指す。

 この基金は、県立学校がみずから策定した事業プランに対して寄付を募るクラウドファンディングに近い仕組みで、わずか3カ月で約160万円が集まった。

研究重ねて盗塁も向上

 同校は文科省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)にも指定され、仮説検証型の取り組みを授業や部活で実践する。野球部は「データサイエンス野球」と呼び、これまで「光電管」と呼ばれる装置でスライディングのスピードを測り、盗塁技術も向上させてきた。新機材の「ラプソード」はプロ球団や米大リーグなどで使われているが、部活で導入している高校はまだ珍しい。投球打球のスピードや回転軸、回転数などをカメラとレーダーで計り、データを蓄積。より多角的な分析が可能になる。

上達が数値に目標見える

 「選手が『上手くなった』と思っていたのに、指導者はそう見えない場合もある。数値化することで成長を可視化できるのでは。見えない目標には頑張りづらいが、どれほど伸びそうか分かれば、やる気につながる」(熊倉周平監督)。

 厚木高校は過去10年でベスト16に3回進出している。まなびや基金の企画書で示した目標は、2023年までに県選手権大会ベスト8の達成、そして生徒が課題発見・解決する力を養うこと。この基金を活用して「目標」が達成できたかどうかも公表される。

 ちなみに春の大会は地区予選を通過して県大会は2回戦で敗退した。目標まであと3回勝ち進む必要がある。ラプソードは導入したばかりで、今後本格的に活用してチーム力の底上げにつなげる方針だ。

打った瞬間、球速や軸などが表示される
打った瞬間、球速や軸などが表示される

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

女性議員割合は23%

市町村議会本紙調査

女性議員割合は23% 政治

地方議会全国平均上回る

6月24日号

キーウで描かれた大作

キーウで描かれた大作 文化

アミューあつぎで公開

6月24日号

小野澤氏3期目へ

愛川町長選

小野澤氏3期目へ 政治

新人2人に大差で勝利

6月17日号

三木湊斗(あつと)さん、全国へ

ソフトテニス

三木湊斗(あつと)さん、全国へ スポーツ

「目標はベスト16入り」

6月17日号

4回目接種進む

コロナワクチン

4回目接種進む 社会

厚木・愛川・清川

6月10日号

3年ぶり鮎まつり開催へ

3年ぶり鮎まつり開催へ 社会

感染症対策で規模縮小

6月10日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月17日号

  • 横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

    横山 実のGOLF LIFE Vol.17

    【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

    6月17日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook