神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木市議会 「選挙に行かない」なぜ 市民に本音の声を聞く

政治

公開:2023年11月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
オンライン画面を注視する議員ら
オンライン画面を注視する議員ら

 厚木市議会(遠藤浩一議長/28人)は11月13日、「第18回議会報告会・市民と議会の意見交換会」をオンラインで開催した。当日は「教えて!選挙に行かない理由」と題して、匿名で参加した市民から選挙に関する考え方やイメージを聞いた。この日集約された意見やアンケートは市議会の委員会を通じて全議員で共有し、今後の政治活動に役立てたい考え。

 今年7月に行われた厚木市議会議員選挙では、過去最低となる36・47%の投票率を記録した。

 「なぜ投票率が下がってしまったのか」、「実際に投票をしていない市民から投票に行かない理由を聞きたい」と、低投票率の本音を聞くべく、議会の総務企画常任委員会(望月真実委員長)と都市経済常任委員会(瀧口慎太郎委員長)がオンラインによる議会報告会を担当。開催に向け、駅頭でチラシなどを配り、参加を呼び掛けた。

政治を考える時間がない

 意見交換会はZoomのチャットを利用して実施。午後7時の開始に合わせ、委員会メンバーら15人が市庁舎の委員会室にスタンバイ。サテライト会場と合わせて27人の市議が出席した。

 名切文梨議員による説明が終わると、望月議員と奈良直史議員の進行で意見交換が開始された。用意されたテーマは「選挙に行かない理由」「選挙期間中、どこをみているか」「議員と会う機会はあるか」「投票に行くためには何をすればいい」の4項目。広聴活動がメインで、テーマに合わせて市民がチャットで返信し、当日は最大で25人の市民が参加した。

 チャットでは「政治家を考える時間がない」や「魅力を感じない」など政治に関する厳しい意見をはじめ、「50%にならないと無効」や「ネット投票をしてほしい」といった制度に関するもの、「投票証明による割引の拡充」など多くの意見が書き込まれ、約40分の意見交換は終了。今後意見を取りまとめ、全議員で共有する。遠藤議長は「ここまで聞くことを重視した会は無く、いい機会となった。市民の声を各議員が受け止め、新たな気づきになれば。今後も広聴を大切にしていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook