神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

愛川町 木造校舎で昭和を回想 高齢者交流会で「脳活」

社会

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
談笑する参加者
談笑する参加者

 愛川町立半原小学校旧木造校舎の一室を整備した「懐かしの学び舎」で5月20日、回想法を用いた高齢者の交流事業が初めて開かれた。町内の老人クラブの会長や会員37人は昭和の初期にタイムスリップし、当時の思い出に慕った。

 回想法とは、懐かしいものや映像を見たり、音楽を聴いたりすることで脳を活性化し認知症進行予防やうつ状態の改善につながる可能性があるとされている手法。会場の旧校舎は、1926年(大正15年)地元の半原宮大工によって建設。78年(昭和53年)まで使われ、その後は町郷土資料館として利用された。現在は「懐かしの学び舎」として、昭和の雰囲気を残し郷土の歴史を伝える施設に活用されている。

 町の高齢化率は年々上昇傾向にある。統計によると、92年の65歳以上は3千442人で高齢化率は8・3%だった。2024年1月1日時点では、65歳以上は1万2千423人で高齢化率は31・4%まで上昇した。高齢化率の上昇は今後も想定されることから、町の資源を活かし回想法を取り入れた交流事業の実施で、高齢者の健康寿命を伸ばすことを目指す。

 町郷土資料館学芸員の岩田慎平さんの昭和20年から30年代の世相をテーマにした講義では、力道山の活躍や集団就職列車など、写真を交えて解説した。また、「岩壁の母」「高原列車は行く」「ゴジラのテーマ」など流行歌を流すと、口ずさむ人や身体を揺らしてリズムを刻む人も見られた。その後グループごとの交流では、子どもの頃に夢中になった遊びなど思い出話に花を咲かせた。

 最後に給食が出され、参加者は塩ラーメン、コッペパンなど子どもに人気のメニューを味わった。池上マツさん(77歳)は、「昔の記憶が蘇えりあらためて歴史を学べた。また、参加したい」と笑顔を見せた。町高齢介護課の青山加奈さんは「今回は初めての試みとして開いたが皆さん、笑顔で楽しそうに過ごしていただいた。今後の開催も検討したい。また、地域から要望があれば校舎を使った回想法の実施の仕組みづくりをしていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook