神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「低出生体重児 知って」 市内で啓発写真展開催へ

社会

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
今回の告知チラシより(上)山口貴裕厚木市長に開催を報告した坂上代表(右)
今回の告知チラシより(上)山口貴裕厚木市長に開催を報告した坂上代表(右)

 低出生体重児の家族会として当事者の支援に向けて活動をするNPO法人penaが、6月1日(土)から15日(土)まで厚木市内で「リトルベビーハンドブック写真展」を開催する。リトルベビーとその家族が笑顔で過ごせる社会に向け、情報発信を続ける。

 低出生体重児は、出生時の体重が2500g未満で、10人に1人の割合に上るという。通常の母子手帳では成長の記録ができずに落ち込んだり、「早く産んだせいで」と自身を責める母親も少なくない。

 NPO法人penaの坂上彩理事長(平塚市)も370gで生まれた娘を育てる当事者。産後24時間が勝負と言われ、そこから時間が経つごとに新たな心配と不安が生まれる日々だったそう。2326gまで成長し、生後123日で退院。1歳を過ぎた頃に知的障害と自閉症の診断を受けたが、「一生寝たきりかと思っていたので、生きていてくれるだけでうれしい。娘は私の誇り」。

 2021年7月、県内の低出生体重児の家族会を設立。月に1〜2度の交流会や勉強会を開催し、県内各地で写真展を開くなど啓発や情報発信に力を入れ、「母親たちの居場所づくり」に取り組んできた。今年3月には活動が認められ、県のかながわボランタリー活動奨励賞を受賞。4月にはNPO法人化した。

 一方で、1500g未満の極低出生体重児を対象とした母子手帳のサブブック「リトルベビーハンドブック」の作成を県に要望し、昨年8月に完成した。一般の母子手帳には記録する欄がない1千g未満の体重や、子どもの発達について「できた日付」などを記録でき、自身の経験を元に「ひとりじゃないよ」という先輩ママとしてのエールを込めたという。

 今写真展では、リトルベビーの成長過程の写真やオムツの大小サイズ比較、母乳バンクについて、ハンドブックの内容など約100点を展示。坂上代表は「リトルベビーを育てる当事者はもちろん、知らない方にも知ってもらえる機会になれば。応援してもらえるとうれしい」と呼びかけている。

 会場は、厚木地下道のあつぎロードギャラリー3と市保健福祉センターの同時開催。両会場とも初日は午後1時から、最終日正午まで。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook