神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

SDGsで魅力再発見 厚木市版学習ボードゲーム

教育

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
あゆコロちゃんの入ったカード
あゆコロちゃんの入ったカード

 厚木市はこのほど、SDGsボードゲーム「Get The Point」の厚木市版を作成した。特産品などの紹介を通じ市の魅力を再認識し、SDGsを学んでもらうのが目的。小中学校やイベントでの活用をめざす。

 「Get The Point」はSDGsの学習用として開発されたゲーム。限りある資源などを使いアイテムを獲得していく過程で、SDGsの基本的な考え方「持続可能な社会」について考えて学べるという。

 厚木市は第10次総合計画でSDGsの達成を掲げて取り組みを進めており、今回の厚木市版の作成はその一環。厚木市地方創生プロジェクトの学生メンバーの声をきっかけに、昨年度から取り組んだ。

 実際に完成したゲームでは、獲得できるアイテムに厚木市の特産品であるフルーツやアユ、とん漬けなどが登場。イベントカードにも市マスコットキャラクターのあゆコロちゃんが描かれるほか、細部にも厚木市に関係するものが数多く登場する。

学校や企業での活用へ

 今回作成したボードゲームは40セット。市では小・中学校の授業、市民を対象としたイベントでの活用をはじめ、SDGs推進に向けて正しい使い方を広めるファシリテーターの養成などに利用する。また今後は、来年をめどに企業研修やイベントなどでの利用を想定した貸し出しも行っていきたいとしている。

 担当する市企画政策課では「子どもから大人まで、世代を超えSDGsに親しめるゲーム。市の特産品を使うことでより身近にSDGsを感じてほしい。また、ファシリテーターの養成にも力を入れたい」とした。

 貸し出しなどの詳細については同課【電話】046・225・2450まで。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook