横須賀版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

浦賀虎踊り保存会 会長 高畑 昌弘さん 西浦賀在住 74歳

裏方に徹し まちと生きる

 ○…「ほんとに厳しい人だよ」。自らを評した仲間の言葉に苦笑いする。思ったことは隠さず口に出す。そんな忌憚のない物言いが、”厳しさ”を印象づける。一方で、裏表のないその性格こそが、周囲の信頼を得ている。今年の虎踊りも、保存会の仲間たちと無事に終えることができた。

 ○…生まれも育ちも浦賀。ずっとこの街で暮らしてきた。中学を出てすぐ、養成工として浦賀船渠に入り、造船の世界へ。やがて設計部門に抜擢されると、乗組員の居室から艤装に至るまで、ありとあらゆる設計をした。タンカーにコンテナ船、かつての鉄道連絡船など、携わった船は数知れない。丸々半世紀の勤めを「楽しかった」と振り返る。決して華やかな職場ではなかったが、自分が書いた図面はやがて船となり、世界を駆け巡る。それが一番の醍醐味だった。

 ○…リタイアしてからは、「勤めていたころより暇がないくらい」地域の活動に没頭。3年前に浜町町内会長に就任し、虎踊り保存会会長を兼ねている。「会長といっても、雑用係みたいなもの」と笑うが、江戸から続く伝統芸能を影で支える、縁の下の力持ちだ。寅年だった昨年は、虎踊りもひっぱりだこ。市内外でじつに5回、舞の披露をした。中でも大仕事だったのが、昨年12月に釜石で行われた全国虎舞フェスティバル。オファーが来たのは開催3週間前だったが、その決断力でゴーサインを出すと、メンバーらの日程調整・宿の手配などを一手に引き受け、”遠征”を成功に導いた。歓待をしてくれた釜石の復興を、心から願う。

 ○…裏方に徹し、周囲を地道に支えてきたその半生を「裏街道」と表現する。会長の任期はあと1年。「忙しくて大好きな旅行になかなか行かれないんだ」とこぼしながらも、「今までどおり自然体で、この街で生きていければ」と語った。その笑顔は、浦賀の潮風に当たりいっそう輝きを増したようだった。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク