横須賀版 掲載号:2012年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

アマモ場再生などに取り組む「よこすか海の市民会議」の代表 今井利為(としため)さん 森崎在住 64歳

海の再生、次世代に託す

 ○…「海は、触れて遊んで食するところ」をモットーに、追浜のアマモ回復事業やシンポジウムなどを開催。地域の子ども達に海に慣れ親しんでもらおうと、観音崎や深浦湾で観察会も行っている(=よこすか海遊クラブ)。百科事典の写真やインターネットのバーチャル空間だけでなく「実体験を通じて海の魅力や楽しさ、そして危険があることも知ってほしいです」。

 ○…戦後の人口集中。下水道から出る富栄養化水による赤潮。高度成長と大規模な埋め立て。それらが、横須賀の海の姿を激変させた。1〜2キロ広がっていた浅い海域は無くなり、エビやワタリガニなどの生物が見られなくなった。「これではいけない」。横須賀の港湾計画の改訂に際して環境に配慮するよう要望し、03年に発足したのが「よこすか海の市民会議」だ。

 ○…肩書きは水産学博士。栽培漁業の専門家としての顔ももつ。マダイ種苗の放流と漁獲・釣獲量の推移や経済効果などを論文で発表するなど、積極的に発信。マダイは仔魚の時期、アマモ場で成育することを教えてくれた。そこは、産卵や育成に適した大切な住みか。70年前、追浜の海にはアマモが広がり、地名の通り浜があった。市民会議ではアマモの植栽をはじめ、追浜に砂浜を取り戻す活動を展開。思いは形となって現れている。7月16日の海の日、その功績が称えられ市民会議は国交省関東地方整備局から表彰された。

 ○…「(観察会では)子どもの”なぜ?”が恐いんですよ」。生き物の名前や生態など、答えに詰まることを質問されることもあるからだ。だが、言葉とは裏腹に微笑んで語る。専門的なことは、彼らが大きくなり、海を生業にして初めて必要になるかもしれない。それでも、子ども達の好奇心は大切にしたい。かつて豊かな海が広がっていた横須賀。失った時間以上に、元に戻すのには時間がかかる。その思いはリレーのように、次世代に託す。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

後藤田 亘輝さん

高校サッカー選手権で優勝した前橋育英のメンバーで高校選抜候補にも選出されている

後藤田 亘輝さん

2月2日号

小菅 雪月さん

1月28日に都内で行われる「全国高等学校ビブリオバトル」に出場する

小菅 雪月さん

1月26日号

浜口 直樹さん

新年恒例の宮中行事「歌会始の儀」の入選者10人に選ばれた

浜口 直樹さん

1月19日号

樋口 一郎さん

ガイドブック『鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース』を手掛けた

樋口 一郎さん

1月12日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク