横須賀版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

万代会館をテーマにした絵本「まんだいこんのかいすいよく」を製作した いのうえ ちひろさん 馬堀海岸在住 

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

絵本は「発見」伝える手段

 ○…「住宅街の中に現れた昭和の雰囲気に驚いた」―。万代会館の第一印象だ。絵本専門店の店主に連れられて、足を踏み入れたのが昨年初めのこと。これを遺した万代夫妻の想いを知り、「子どもたちにも親しみを持ってもらいたい」と、絵本を製作。9月に発表したのが「まんだいこんのかいすいよく」だ。

 ○…大根やみかん・キャベツ・いちご―といった地場農産物が主役。ふんわりとした画風も合わさって、「地元絵本」の人気も上々。原画展や続編への展開、小学校への寄贈など、一気に活動が広がった。「日常の体験や感じたことが、絵本につながっている」。結婚を機に横須賀へ居を移して6年。「起伏があり、風景がおもしろい。まだまだ知らない姿があると思うと、楽しみ」。おっとりと話す眼差しも、柔らかだ。

 ○…ドラえもんを読んで”あったらいいな”の世界を空想し、「漫画やお絵かきが大好きな、変わった子どもだった」と自嘲気味。短大国文科卒業後は、本人曰く「人生に迷っていた」時期だったという。観光地での住み込みバイトや派遣OLを経て、パステル画教室の門を叩いた。絵本作家養成のワークショップに通い、編集や装丁のラフを作って講評を受ける日々。構図や話のつながりなど、絵本の醍醐味を体系的に学び、ようやくスタートラインについた。パステルや色鉛筆を用い、春風をまとったような温もりの作風は、柔和な佇まいそのもの。今では、「いろんなことを少しずつ」と、布を使った製作や豆絵本も手掛ける。

 ○…千葉から市内に転居間もない頃に応募した、三笠ビル商店街のシャッター画。後になって、自分のデザインが採用されていることを知った。灯台や海など、横須賀の第一印象を表したもの。絵本や創作は「自分の発見を周りに伝えていく手段」。幼少期に抱いた、ページをめくる”ワクワク感”を忘れずに、創造の世界を広げ続ける。

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク