横須賀版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める 長森 豊さん 馬堀町在住 56歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

学校と地域の”潤滑油”に

 ○…小学校を拠点として地域における世代間交流の場づくりを市が進めるスクールコミュニティ事業。昨年モデル校になった汐入小に続き、鷹取小と自身の母校である馬堀小が選ばれた。登下校する児童の見守りや通学域の危険箇所の調査を行う馬堀小区地域づくり協議会会長として、事業の舵を取る。「老若男女問わず交流の輪を広げ、地域を元気にしていく」

 ○…2人の娘が馬堀小学校に在学中、PTA会長を務めた。「互いに顔を知らない保護者と町内会との間での調整が難しく絆を強くしたかった」と10年前、学校とPTA、6自治会町内会などで会を発足。現在33人が在籍し、市事業の手始めとして地域活動を報告する「スクコミだより」を発行した。「チーム馬堀」の名札を会員が身につけ、見守り活動していることを記載し、学校周辺の2500軒に配布。「コロナ禍で児童が家で留守番するケースが増えたが、大人が子どもに声掛けたら不審者扱いされる時代。子どもの安心と犯罪の抑止力になれば」

 ○…普段の顔は土木会社(株)マルモリの社長。20

代の頃、経営のノウハウを学ぶため別会社で働いた。精神的にも体力的にも辛かった時、同僚の作業員から「頑張れ」と差し出された温かい缶コーヒー。「骨身に染みた。人の優しさは何ものにも代えられない」。町のために汗を流す原点だ。

 ○…高校時代アメフト選手として活躍した体力を生かし、馬堀地区の防災ボランティア隊長など15もの役を持つ忙しい日々をこなす。祭りではひょっとこ踊りでおどけて見せ、趣味の船釣りでは他人から約20人の仲間を作るほど人懐こい一面をのぞかせる。「これまで多くの人に支えられてきたから、私が恩返しする番。皆を笑顔にするための潤滑油になりたい」

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク