横須賀版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

コンガ・パーカッション奏者で市内外でライブを行う 比護 匠さん 阿部倉在住 18歳

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena

音楽で笑顔の花咲かせる

 ○…キューバ生まれの打楽器「コンガ」。自らの手で繰り出す音とリズムに魅せられ、「叩くことは生活の一部」と語る。初舞台は7歳、横須賀中央のライブハウス「YTY」。「音で会話する楽しさを伝えたい」。高校卒業を前に、再びここでライブを行う。

 ○…「包み込むような丸く深みのある音」―。出会いは5歳の夏。サンバ演奏のイベントで目にした大きな太鼓。「あれをやってみたい」と、両親に懇願。買ってもらうと「とにかく叩くのが楽しかった」。講師から基礎を学び、小学生になると、母親と都内のライブに繰り出し、飛び入りで演奏することも。「プロでも貪欲に音楽を追求する姿は大きな刺激になった」。物おじしない度胸はそこで身についた。小学6年で挑戦した全国大会の「ソロ・アドリブ部門」でグランプリを獲得、中学2年時には本場キューバでのレッスンも経験した。

 ○…中学1年から横浜の中高生ビッグバンドに参加。今期はリーダーを務めている。プロ楽団から指導を受け、「仲間と勉強することの大切さを学べた、成長の6年間だった」。バンドでは、卒業コンサートも間近に。「観客のいる会場、生の拍手は大きな励み。音楽を通して笑顔の花を咲かせたい」。謙虚な気持ちと「僕にはこれしかない」と語る”コンガ愛”。それをステージから音で伝える。

 ○…4月から親元を離れ、都内の音楽大学に進学。ジャズや実践理論など、もう少し幅広く学ぶ予定だ。「新しい環境、出会いに期待している。4年間でしっかり音楽家としての自分を追求していきたい」。夢は世界での演奏。ステージ名「ひごたくみ」は初舞台から使い続けているもの。初心を忘れず、新しい世界の扉を開いていく。

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter