ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 災害とまちづくり

小田原

災害とまちづくり

旭丘高でシンポジウム
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 旭丘高校(水野浩理事長)は今月21日(土)に『第18回公開まちづくりシンポジウム』を開催、参加を呼びかけている。時間は13時15分〜17時(12時45分開場)。場所は旭丘高校ホール(小田原駅徒歩5分、城内キャンパス)。入場無料。

 小田原のまちづくりはどうあるべきなのか―。市の『新総合整備計画』をふまえて学校のあり方や市民主体のまちづくりについてディスカッションする。また講師に日本気象学会の増田善信氏を招き、基調講演『大震災・大津波・原発と地球環境を考える』を開催。東日本大震災や原発事故を受けての同校生徒会による調査活動報告も行われる。災害が地域にもたらした課題やまちづくり、学校づくりについて改めて考えるきっかけとなりそうだ。パネリストとして都市計画研究者の片方信也氏、歴史学者の市村高男氏、憲法学者の金子勝氏が参加する予定。

 問合せは同校法人事務局【電話】0465(23)3787まで。
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野