小田原版 掲載号:2012年1月14日号

2本命中、希望の年に

白髭神社で奉射祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7本中2本が命中した
7本中2本が命中した

 市内小船の白髭神社で7日、市の無形民俗文化財の一つ、奉射祭(ぶしゃさい)が行われた。

 境内の竹で作った弓と矢で、的に向かって7本の矢を放ち、当たり具合で五穀豊穣の吉凶を占う神事。今年は7本中2本が命中、「希望を持って歩む年」と出た。 また的の上には椿の木で作られた「ツバメ」と呼ばれる鳥形が3つ吊るされており、最後の1本が放たれると「ツバメ」を子どもたちが取り合った。

 「ツバメ」は家の戸口などに吊るしておくと厄除けとなり、1年間幸運に恵まれると言われている。奉射祭終了後は、200人もの参拝者に、甘酒が振舞われると共に、「ツバメ」が配られた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク