「パラデル漫画」でブレーク予感 「みんなをアッと言わせたい」 市内出身芸人「魂の巾着」本多修さん

社会

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
本紙のために特別に描き下ろした「ぱらみ」と「ぱらお」とのコラボ
本紙のために特別に描き下ろした「ぱらみ」と「ぱらお」とのコラボ

 一枚の紙に描いたイラストが動き出して、変幻自在に飛び回る。時に物を投げたり破ったりして遊ぶ――。

 何枚もの紙にイラストを描き、めくって動きを楽しむパラパラ漫画。この原理を応用し「パラデル漫画」という独自のジャンルを確立したのは市内出身の本多修(35)さん。キャラクターを描いて写真を撮影し、つなげて動画に。通常、作品には300〜500枚のイラストを使用し、完成に2週間を費やす。この趣向凝らした作品がインターネットで話題になり、いま各界で引っ張りだこだ。

  *  *  *

 「はじめはただの趣味というか、暇つぶし」と笑う本多さん。高校卒業後吉本興業に入り、お笑いコンビ「魂の巾着」を結成。相方の金井佑介さん(36)と芸人活動を行っていた。しかし、ひょんなことから3カ月の謹慎に。その間SNSで話題になることをしようと考えた末、オリジナルキャラクター「ぱらお」が動くパラデル漫画を考案し、ツイッターに投稿。瞬く間に9万リツイートを集めた。動画は若者を中心に国内外で話題になり、県の子育て支援に関する応援動画の作成や、ラグビーチーム「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」のPR動画を手掛けた。

「活動の幅広げたい」

 本多さんは市内国府津出身で、11人兄弟の3番目。幼い頃から絵を描くことや工作が好きだった。「兄弟も多くてテレビゲームも買ってもらえなかった。それなら作っちゃえ、と」。ボール紙でゲーム機、布や工作用紙でスニーカーのミニチュアを作った。友人に見せた時の「おおっ!」という反応が快感に。人を笑顔にできるお笑い芸人の道の先に、得意な絵を使ったパラデル漫画が加わった。

 市内では小田原駅東口ダイヤ街商店会の毎冬恒例行事「年忘れ音楽祭」等地元のイベントに出演、芸人活動を続けてきた。

 4月まで企業や行政、番組の企画などで制作のスケジュールがぎっしり。相方の金井さんは都内で小田原出身の妻と出会い、現在は秦野市在住。「相方には東京オリンピックで何らかの形で関わってほしい。今が大事な時」と話し、コンビでの活動をセーブしている。

 今年9月に国内で開幕するラグビーW杯のPR動画も作成する予定だ。日本が誇るアニメーション文化でもあるパラデル漫画。本多さんは「地元小田原は大好きなまち。活動の幅をもっと広げて、みんなにアッと言ってもらえるようになりたい」と2019年への期待を込めた。

「いつか家賃20万の家に住みたい」という本多さん
「いつか家賃20万の家に住みたい」という本多さん
相方・金井さん
相方・金井さん

原点を忘れず、志を高く

マツダを支えてくださったすべての方々に、100周年特別記念車を。

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

足湯併設しリニューアル

箱根早雲山駅

足湯併設しリニューアル 経済

新駅舎7月9日開業

7月4日号

人気のカブト、クワガタも

人気のカブト、クワガタも 社会

箱根で「生きた昆虫展」

7月4日号

新聞や雑誌閲覧を再開

新聞や雑誌閲覧を再開 文化

小田原の中央図書館

7月4日号

古民家で移住体験

古民家で移住体験 社会

箱根の魅力伝え 人口増へ

7月4日号

七夕飾りに願い込め

七夕飾りに願い込め 文化

巡礼街道のナカザト電器

7月4日号

コロナ禍で迎えた40周年

コロナ禍で迎えた40周年 経済

小田原中RCが記念例会

7月4日号

大人気「担々麺」をレトルトで!

小田原で長年愛される「タンタン麺」+「タンタンモッチー」を限定販売中!

https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14003104/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月6日号

お問い合わせ

外部リンク