フードロス×バンク掲げて 報徳食品支援センター開設

経済

掲載号:2019年7月20日号

  • LINE
  • hatena
(上)接客する菊澤さん(下)中町の店舗前で
(上)接客する菊澤さん(下)中町の店舗前で

 食品ロスを削減しながら、支援を必要とする人へ行き渡らせる活動を展開する「報徳食品支援センター(菊澤俊介代表)」がこのほど開所した。

 センターは、メーカーや企業・団体等から食料品を無償で譲り受け、生活困窮者など必要な人に提供する「フードバンク」と、市場で規格外品とされる農産物を格安で販売する事で廃棄を削減する「フードロス削減」を基軸に掲げる。このうち7月5日には販売拠点として小田原市中町に店舗(営業時間/午前10時〜午後6時)をオープンさせた。

 店舗には、傷がついたり形が悪い等の理由で規格外とされた農産物が並ぶ。初日から早速近隣住民が買い物に訪れ、90代の女性は「高齢者や一人暮らしが多い地域。便利になる」と話した。菊澤代表は「適正な値がつかなかったり、市場に出回る事すらない商品を販売して廃棄を減らし、農家の支援にもなる」と意義を話す。また店舗に空調や休憩スペースを設け「地域コミュニティの一角を担いたい」と意気込む。

 こうした販売で得た収益等をもとに「フードバンク事業」を展開。フードバンクかながわと連携し、社会福祉協議会や児童福祉施設等、要請を受けた団体へ米や缶詰などを定期的に提供している。

 センターは現在NPO化に向け手続きを進めており「尊徳翁の遺訓である『譲って損なく奪って益なし』の精神でまちづくりの一助なれば」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 文化

もらってうれしい実用品

4月10日号

優秀選手に杉山さん

相模原市スポーツ協会

優秀選手に杉山さん スポーツ

やり投で好成績

4月10日号

解き明かせ 北条氏の秘密

解き明かせ 北条氏の秘密 文化

小田原で謎解きゲーム

4月10日号

雄大な一本桜、今年も

芦ノ湖箱根園

雄大な一本桜、今年も 文化

満開は4月中旬

4月10日号

地域への思い込めた日本酒

井上酒造かなごて

地域への思い込めた日本酒 経済

新商品「推譲」 4月1日発売

4月10日号

北条五代の100年語る

松沢前知事

北条五代の100年語る 政治

新著出版で講演会

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク