「梅パワー」で消毒 小田原名物を活用

社会

掲載号:2020年3月21日号

  • LINE
  • hatena
「小田原を楽しんでもらえたら」と、田川さん(左)と田代さん
「小田原を楽しんでもらえたら」と、田川さん(左)と田代さん

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、アルコール消毒液が品薄になるなか、小田原かまぼこ通り活性化協議会(田代守孝会長)と小田原地魚大作戦協議会(田川修三会長)は、店頭などに設置する手の消毒液として「梅酢」の活用を提案している。

 梅干しを製造する過程で出る「梅酢」には殺菌効果があるとされ、古くから塩むすびや包丁、まな板の除菌に用いられてきた。ほぼ無臭でサラサラとしているため、「手の消毒に使えるのでは」と企画した。田代会長と田川会長は3月19日、観光名所の小田原城天守閣に、水で希釈した梅酢のスプレーボトルを提供。小田原かまぼこ通りと早川みなと商店会の30店にも設置している。田代会長は「小田原の宝でもある梅の力を役立てて、お客さまに少しでも安心してもらえたら」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「バイクの聖地」で安全教室

小田原警察署

「バイクの聖地」で安全教室 社会

ターンパイクで死角体験

9月26日号

ベスト8で秋終幕

 相洋高野球部

ベスト8で秋終幕 スポーツ

9月26日号

「全生徒にPC」準備進む

「全生徒にPC」準備進む 教育

GIGA構想、県西でも

9月26日号

牧島氏、自民党青年局長に

牧島氏、自民党青年局長に 政治

女性初、9月末就任へ

9月26日号

豪州との交流 引き続き

豪州との交流 引き続き 文化

小田原市 小中学生の動画を作成

9月26日号

尊徳たたえる歌謡祭

尊徳たたえる歌謡祭 文化

10月3日 懐メロも

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク