緑区版 掲載号:2017年8月17日号

プールでいかだと着衣泳 教育

いぶき野小生、水事故学ぶ

作成したペットボトルいかだに乗る児童
作成したペットボトルいかだに乗る児童
 いぶき野小学校で今月5日、ペットボトルいかだを楽しみながら着衣泳を学ぶ催しが開催された。

 これは同校の保護者らで組織されるいぶき野小おやじの会が主催する夏の納涼イベント。

 当日は同校に通う52人の児童と教職員、おやじの会のメンバーや保護者らが集まり、事前に用意された250本のペットボトルを使っていかだを作成。5つのチームに分かれた児童らは楽しそうに作業に精を出していた。作成後は、いかだを屋上の25mプールに運び、チーム対抗でいかだに乗って競うリレー対決も行われた。不安定ないかだにバランスを崩しながらも、楽しそうに前に進む姿が見られた。

 また、当日は子どもたちに水事故の怖さを知ってもらおうと、プールで着衣泳をする時間も取られた。靴が浮力になるなど、普段とは違う状況を体験する貴重な場となった様子だった。

 おやじの会の河野政幸さんは「こうした企画を通して、お父さん、お母さん方がより教育の現場に入っていく環境作りができれば」と思いを語った。

関連記事powered by weblio


緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク