緑区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

ハロウィーン仮装で街歩き保育室の園児らが参加

文化

仮装してお菓子をもらう園児
仮装してお菓子をもらう園児
 家庭的保育事業を行う倉山保育室(倉山克子施設長)の園児らが、10月31日のハロウィーンに合わせ、仮装をし鴨居駅周辺を歩いた。

 家庭的保育事業とは、家庭保育福祉員が保護者に代わり、一般住宅などのアットホームな場所で保育を実施する事業のこと。同保育室は、地域との交流を目的に、ハロウィーンの仮装をした街歩きを5年前から行っているという。

 園児らは、マントや帽子をかぶりながら街を歩き、鴨居駅周辺の店舗からお菓子をもらった。参加した3歳の宍野華音(ししのかのん)ちゃんは「お菓子をもらえて、とてもうれしかった」と笑顔。また、通行人も、園児らの可愛らしい姿に「ハッピー、ハロウィーン」と声をかけ、笑顔で手を振っていた。

 倉山克子施設長は、「通行人の人にも、『可愛い』と声をかけてもらった。地域の人や子どもたちも楽しんでおり、充実していた。今後も地域交流を続けていきたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域あげて音楽の祭典

地域あげて音楽の祭典

長津田音祭り、今年も

12月3日~12月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク