金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号

物語でめぐるわが街

『金沢八景』 中沢けい著(『街物語』朝日新聞社所収)文・協力/金沢図書館

中沢氏の実家がある金沢八景
中沢氏の実家がある金沢八景

 1998年4月から2000年4月にかけて、朝日新聞土曜夕刊に『街物語』というコラムが連載されていました(当時好評だったようで、図書館にも同コラムに因んだ質問が寄せられた事を覚えています)。それをまとめて出版したのがこの本です。24人の作家によるアンソロジーとなっています。

 月ごとに一人の作家が短編を載せていく形式で、中沢けい氏は1998年5月が担当でした。2日から30日にかけて計5回。故郷金沢八景に寄せた文章を書かれています。

 近年造成された、とあるマンションの下には私の赤いサンダルが埋まっている、と語る中沢氏は金沢区出身。ご両親のご実家がともに、金沢八景にある釣り舟店でした。

 変わっていく故郷を思い、能曲「放下僧」や説教節「小栗判官」、人柱伝説などを差し挟みながら、「金沢八景」の過去と現在が描かれます。

金沢八景駅前にあった、大和絵のような小山が残らずなくなってバス乗り場になっていたり、リンドウがいっぱい咲いていた通称「ライオン山」が女子短大の敷地になっていたり、この地域の変貌を目の当たりにした感慨が伝わります。
 

関連記事powered by weblio


9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歌川広重、金沢八景を画く

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第12回

    歌川広重、金沢八景を画く

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    9月21日号

  • 葉の模様は誰のしわざ?

    第1回 絵描き虫 金子さんの草花の不思議発見

    葉の模様は誰のしわざ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    9月14日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『ビブリア古書堂の事件手帖5』著・三上延 KADOKAWA文・協力/磯子図書館

    9月14日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク