金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

第1回 絵描き虫 金子さんの草花の不思議発見葉の模様は誰のしわざ?文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

絶えず方向を変え模様を描く絵描き虫(ツワブキ=写真上=、シュウブンソウ=同下)
絶えず方向を変え模様を描く絵描き虫(ツワブキ=写真上=、シュウブンソウ=同下)

 久しぶりに執筆することになりました。前回同様ご愛読よろしくお願いします。皆さんが草花を見ながら野外を歩いている時、目にする不思議(疑問)だなと思う自然の現象を、シリーズとして取り上げます。

 「葉は緑色が当たり前」というイメージを抱いていましたが、自然界には違った色を示す葉が意外と多く見られます。第1回は、線で描いたような模様の「絵描き虫」の葉です。

 これは蛾、蜂、ハエ等の幼虫(絵描き虫という)が葉の中に潜り込んで、葉肉を食べた跡です。絵描き虫は、寄生蜂等の天敵から逃れるために葉の中に潜っていきます。しかし、一筆書きのように単純な模様では、直ぐ天敵に見つかってしまうので、絵描き虫は進む方向をたえず変え、天敵に見つからないように努力しているのです。この両者の攻防は、大昔から繰り広げられ、お互いに進化していった結果の現れです。

 寄生蜂は産卵のために虫を見つけ、産卵針を虫のお腹へ刺します。卵から孵った幼虫は絵描き虫を食べて成長していきます。

 皆さんも野外へ出かけて、色々な絵描き虫のアートを見つけましょう。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

11月16日号

伊藤博文、野島に別邸を

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

伊藤博文、野島に別邸を

11月16日号

枝垂れた葉は裏表が逆になる

第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

枝垂れた葉は裏表が逆になる

11月16日号

物語でめぐるわが街

著・寺田透 河出書房新書

物語でめぐるわが街

11月9日号

黒船ペリー来航、小柴沖に

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第14回

黒船ペリー来航、小柴沖に

10月26日号

奇妙な形をした果実

第3回 アオギリとボダイジュ 金子さんの草花の不思議発見

奇妙な形をした果実

10月26日号

11/22家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 枝垂れた葉は裏表が逆になる

    第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

    枝垂れた葉は裏表が逆になる

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    11月16日号

  • 伊藤博文、野島に別邸を

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

    伊藤博文、野島に別邸を

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    11月16日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    特別編 パシフィコ横浜ライブ  

    11月16日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク