港南区・栄区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

訪問の家

地域での可能性探る 社会

ものづくりシンポ開催

開発した機器を説明する学生
開発した機器を説明する学生
 社会福祉法人訪問の家(栄区、名里晴美理事長)が運営する多機能型拠点「郷」で7月22日、難病や重度障害者支援のための福祉ものづくりをテーマにしたミニシンポジウム「ものづくり×福祉×地域〜あの人の笑顔を目指すものづくり〜」が立正大学との共催で開催された。

 同法人では、2006年から湘南工科大学と連携し、運営する障害者施設のメンバーが利用する機器などの開発に取り組んでいる。立正大学の学生も参加しており、今回のシンポジウムは地域での、ものづくりボランティアを掘り起こす可能性を探ろうと行われた。

 学生や地域住民など約50人が来場。シンポジウムではALS患者のコミュニケーション支援の話や、教員と学生による開発経緯などの説明が行われた。

 終盤では参加者同士が各々の体験を語り合う「ものづくりカフェ」も。名里理事長は「福祉ものづくりを継続するためにも、地域の中で技術を持つボランティアを見つけていきたい」と話していた。

関連記事powered by weblio


<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

イベント通じ人材確保を

NPOが横浜港で自然葬

「個人情報 正しく活用を」

遠距離送水で災害備え

港南消防署団

遠距離送水で災害備え

10月12日号

「東日本大震災を忘れない」

港南中70周年記念懇談会

「東日本大震災を忘れない」

10月12日号

駅伝大会の参加者募集

港南区

駅伝大会の参加者募集

10月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク