港南区・栄区版 掲載号:2017年8月3日号

訪問の家

地域での可能性探る 社会

ものづくりシンポ開催

開発した機器を説明する学生
開発した機器を説明する学生
 社会福祉法人訪問の家(栄区、名里晴美理事長)が運営する多機能型拠点「郷」で7月22日、難病や重度障害者支援のための福祉ものづくりをテーマにしたミニシンポジウム「ものづくり×福祉×地域〜あの人の笑顔を目指すものづくり〜」が立正大学との共催で開催された。

 同法人では、2006年から湘南工科大学と連携し、運営する障害者施設のメンバーが利用する機器などの開発に取り組んでいる。立正大学の学生も参加しており、今回のシンポジウムは地域での、ものづくりボランティアを掘り起こす可能性を探ろうと行われた。

 学生や地域住民など約50人が来場。シンポジウムではALS患者のコミュニケーション支援の話や、教員と学生による開発経緯などの説明が行われた。

 終盤では参加者同士が各々の体験を語り合う「ものづくりカフェ」も。名里理事長は「福祉ものづくりを継続するためにも、地域の中で技術を持つボランティアを見つけていきたい」と話していた。

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区から関東大会へ2選手

中学卓球

港南区から関東大会へ2選手

8月10日号

創部5年目で柔道県制覇

栄区・飯島中

創部5年目で柔道県制覇

8月10日号

タツノ工場で社会科見学

「地域の仲間が財産に」

港南区社協

「地域の仲間が財産に」

8月10日号

県政の課題を区民に

ひまわり開花祝う

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/