港南区・栄区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

港南区社協

「地域の仲間が財産に」 社会

男のセカンドライフ大学校

2期生の関さん(左)と区社協担当者の若尾さん
2期生の関さん(左)と区社協担当者の若尾さん

 定年後や地域で活動を行っていない男性の地域デビュー応援を目的に、港南区社会福祉協議会が2005年度から始めた「男のセカンドライフ大学校」。14年度からは区の事業として、地域ケアプラザも共催に加わり、毎年度実施している。



 15年度に2期生として参加した関勝弘さんは、自らセカンドライフ大学校に応募した。「退職後は時間に縛られないけれど、それが1カ月も続くと達成感がなくなり、その後の生活も長い」と関さん。「有意義な生活を送ろう」と思ったのが、参加した動機だった。

 2期生は約20人のメンバーが参加。全6回のさまざまな体験活動を通じて親交を深め、卒業後は「年齢を重ねても変わらずに、共にこれからの人生を歩もう」と「あゆみ」と名付けた会を有志メンバーで結成した。

 関さんは会の事務局長としてメンバーへの連絡などを担当。月1回の定例会を開催し、昼食を共にしたり、2時間限定の飲み会を開いたりすることも。見聞を広めるため、山登りや工場見学などの活動も企画している。活動の様子はメンバーの1人が動画に収めてYouTubeにアップ。家族にも見てもらえるようにするなど工夫を凝らしている。

 また、区社協の依頼に応じ、参加できるメンバーは地域のボランティア活動にも定期的に参加している。

 「人の輪は自分の財産になり、健康にも良いと思う。大学校を1つのきっかけにしてもらえたら」と関さん。

今後は故郷の茨城県つくばみらい市で、「この活動を通じて得たことを生かしたい」と行政に対して働きかけを進めているところだ。



 今年度は10月から、全6回の講座を開催。企業協賛によるスポーツジム体験や「ビールの学校」、「コーヒーの淹れ方」講座なども企画している。対象は港南区内在住の70歳までの男性で定員100人。参加費は全6回4800円(昼食代含む)。詳細は区社協(【電話】045・841・0256)へ。
 

関連記事powered by weblio


<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

イベント通じ人材確保を

NPOが横浜港で自然葬

「個人情報 正しく活用を」

遠距離送水で災害備え

港南消防署団

遠距離送水で災害備え

10月12日号

「東日本大震災を忘れない」

港南中70周年記念懇談会

「東日本大震災を忘れない」

10月12日号

駅伝大会の参加者募集

港南区

駅伝大会の参加者募集

10月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク