中区・西区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

避難所運営の実態学ぶ

社会

西区・南区合同で講演会

けいゆう病院看護師長らが登壇した
けいゆう病院看護師長らが登壇した
 西区・南区合同による防災講演会が3月4日、横浜市民防災センター=神奈川区=で開かれた。

 これは、被災地で避難所運営などに関わった人の話を聞き、災害への備えやノウハウを学ぶもの。当日は両区の地域防災組織担当や学校関係者らが出席した。

 講師は2人。前半に話をした熊本市立桜木小教諭の松本隆嗣さんは、昨年の熊本地震での避難所運営の実態を説明。メモを取る人や映し出される資料を写真に収める人の姿があった。

 後半では、みなとみらいのけいゆう病院で看護師長を務め、DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーでもある金子淳子さんが「災害が起こる前に考えたい避難所運営」と題して講演した。

関連記事powered by weblio


今週末は横浜北仲マルシェへ

マルシェの大収穫祭!実りの秋を楽しもう!

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク