神奈川区版 掲載号:2015年3月12日号

神之木町のバーで行われる地域イベント「おやつマルシェ」の企画に携わる

小野寺 知恵さん

大口通在住 44歳

「橋」として人つなぐ

 ○…芸能事務所・古舘プロジェクトが立ち上げたチームによる、食を通じた地域づくりイベントの第3弾「おやつマルシェ」の企画を手がける。神之木町にあるバー・テイクスを会場に、米粉パンや砂糖不使用の焼き菓子などを紹介するほか、作り手のトークショーも用意。「シニア、子育て世代、若者をつなげるコミュニティづくりの第一歩として、まずは気軽なところから始めようと思う」と、15日の本番へ向けて気合十分だ。

 ○…入江で美容サロン「オアシス デ ラーナ」を営む。高校卒業後に化粧品やアパレル、宝飾関係で実績を積む中、24歳で結婚。出産を経て、社会復帰したものの「一時的な接客や特定の商品しか販売できないことに疑問を感じた」と、2008年に起業した。現在は、店内の一角を起業家に提供するほか、11年からは異業種交流会を毎月開催。「同業種だけでは出てこないアイデアが生まれたりするから、充実した時間」と微笑む。

 ○…意外にも幼少期は「読書が好きで、ぬり絵を完璧に仕上げるのが得意な、黙々と遊ぶ子だった」。しかし小・中で合唱クラブ、高校で軽音部に所属し、文化祭の実行委員にも挑戦していく中で「みんなと一緒に何かをやり遂げることの楽しさを知った」と振り返る。当日イベントに参加するパン屋のオーナーらも、主宰する異業種交流会で出会った仲間。バーはもともと交流会の会場にしていた縁がある。「人と人をつなげられることに可能性を感じる」と目を輝かせる。

 ○…息子と一緒に美容院に行ったり、好きな女の子について聞いてみるなど、母親の一面も覗かせる。「たくさんの人と関わるからこそ、一人の時間もすごく大事」と、たまの休みはドライブや鎌倉散策をしてリフレッシュするという。「これからを担う若者の育成、シニアが輝ける環境づくり、女性の成長・活躍の橋渡しになりたい」

神奈川区版の人物風土記最新6件

長澤 和子さん

元教員による学習支援ボランティアの代表を務めている

長澤 和子さん

1月19日号

飯田 聖美さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美さん

1月12日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

渡辺 蘭子さん

12月30日に閉店する喫茶店「コーヒーショップ キャメル」のオーナーを務める

渡辺 蘭子さん

12月22日号

吉川(きっかわ) 光洋さん

地域食堂を始めた大口駅周辺の経営者グループ「大口夢」の会長を務める

吉川(きっかわ) 光洋さん

12月15日号

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民防災センターで20万人突破

市民防災センターで20万人突破

1月31日まで記念イベント

12月1日~1月31日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク