神奈川区版 掲載号:2017年5月4日号

松本町で民間の子ども食堂を運営する

大滝 徳子さん

松本町在勤 48歳

逆境を糧にして

 ○…松本町にある商店街の一角で子ども食堂「みんなの食場」を運営する。無添加、無農薬の食材を利用した食事を提供し、子どもたちの成長を手助けしている。食堂を使用したイベントも開催。社会で活躍している人を招いた講演会やワークショップを開き、学習する場にもなっている。「子どもの健康を考えた食事を提供することで、様々な事情を抱えた親の子育てをフォローできる場にしていきたい」

 ○…埼玉県上尾市に生まれた。中学の頃からバリアフリーを取り入れた建造物に興味を持ち、建築会社に就職。2人の子どもに恵まれたが、夫が借金を残したまま蒸発。子どもに発達障害がある中で水道・電気・ガスが供給されない苦しい生活を強いられた。その後、別の男性と再婚。子どもを授かったが、幸せな生活もつかの間、今度は夫のDVに苦しんだ。「毎日生きることに大変だった。子どもを育てる使命感が強くあったから前を向けた」と当時の心境を振り返る。

 ○…「食で息子の発達障害の状態が改善。家庭環境もよくなった」。子どもと向き合う中で無添加・無農薬の食材を使う食事にこだわった。「苦しんでいるのは自分たちだけではない。食事を軸に、大変な思いをしている人たちの寄り添う居場所をつくりたい」との思いを形にしたのが「みんなの食場」だった。株式会社を設立し、あえて営利を求めていく子ども食堂にした。行政主体の食堂と違うのはしっかりお金を取るところ。「これから社会に出ていく子どもに生きる力を育みたい」との思いからだ。

 ○…本や人から発信されるエピソードに触れる時間を大切にしている。「ちょっとした悩みを抱えている親も気軽に来てほしい」と呼びかる。大変な思いをしたからこそ、共感できることがたくさんある。「悩みを共有する中で共に学び、子どもの未来のために何ができるのかを一緒に考えましょう」と再び前を向く。

関連記事powered by weblio


神奈川区版の人物風土記最新6件

中村 保次さん

ポートサイド公園フェスタ29の実行委員長として準備に励む

中村 保次さん

9月21日号

原島 隆行さん

認知症高齢者を街で守る啓発イベント「オレンジプロジェクト」を企画した

原島 隆行さん

9月14日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

9月7日号

村松 享さん

横浜市中央卸売市場に勤めながら、魚食の普及活動を推進する

村松 享さん

8月31日号

木村 孟弘(たけひろ)さん

松見連合町内会長として6町内会をまとめる

木村 孟弘(たけひろ)さん

8月24日号

朝倉 八重子さん

複合福祉施設「リアンかながわ」の施設長として活動する

朝倉 八重子さん

8月17日号

今週末は横浜北仲マルシェへ

今回はベトナムフェスタとのコラボ―レーション!都市型マルシェを楽しもう。

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク