神奈川区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

大口商店街エリアでまちゼミ開催を導く濱崎 勇さん大口通在勤 53歳

「大口が好きだから」

 ○…横浜信用金庫大口支店長を務める傍ら、「まちゼミ」の開講で大口の商店街を活性化させようと奔走する。商店主が講師役になり、生活で役立つ知識を教える街のゼミナール。きっかけは「まちゼミ」開催の第一人者、松井洋一郞さんとの出会いだ。「話を聞いたときは、目からうろこが落ちた。商店主がゼミで専門知識を披露することで、街の人がファンになる。個店が元気になれば、商店街も活性化するからね」と胸を躍らせる。

 〇…「横濱で生まれ、川崎で育ったから「濱崎」って言うんだよ」と笑うユーモアの持ち主。「将来を見据えて安定した生活を送りたい」と横浜信用金庫に就職した。2014年に大口支店に着任。「地域から選ばれる金融機関を目指したい」と大口支店2階にある会議室を地域へ開放したり、納涼祭・婚活イベントなどの運営にも携わっている。日頃から地域と密に関わることで築いてきた信頼関係は、社内の営業成績にも表れており、「優秀店舗賞」も昨年の下期、今年の上期と連続で受賞した。

 〇…街の人からは「地元に住んでいるわけでもないのに、何で商店街のために動いてくれるのか」と聞かれることも多い。「大口が好きだからです」が返しの常套句。「赴任時から人情味や優しさに溢れる街が好きになった」と振り返る。「商店街が活気づくことで支店を出すとか、改装リニューアルにともない、大口支店の私のもとに訪ねてきてくれることが夢なんですよ」と熱視線。

 〇…宮前区に妻と2人で暮らす。休日は夫婦でゴルフに行くことが楽しみのひとつ。「妻に背中を押されゴルフを始めた。それがきっかけで地域との関係も広がった」と感謝を述べる。大口通商店街は、19年に70周年を迎える。「たくさんの方にお世話になった。周年になる前に恩返しとして何か残せたら」と来年の開催を目指して「まちゼミ」の準備を進めていく。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

上野 正輝さん

かなっくホールの「おやじユニット」の新メンバーとして、会場を盛り上げる

上野 正輝さん

11月16日号

牧内 良平さん

学校法人神奈川大学の理事長に就任した

牧内 良平さん

11月2日号

坂脇 寛人さん

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める

坂脇 寛人さん

10月26日号

中村 勇志(ゆうし)さん

「第19回 神大フェスタ」の実行委員長を務める

中村 勇志(ゆうし)さん

10月19日号

能登谷 恵美子さん

10月で15周年を迎えた短歌の会「青海波(せいがいは)」を主宰する

能登谷 恵美子さん

10月12日号

加藤 安昭さん

NPO法人フードバンク横浜の事務局長として生活困窮者などを支援する

加藤 安昭さん

10月5日号

篠原教会クリスマスコンサート 

12月9日14時開演 妙蓮寺4分 プロソプラノ歌手のクリスマスメドレーを

http://shinohara-church.main.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

25日に緑道フェスタ

25日に緑道フェスタ

トンネルで竹灯籠

11月25日~11月25日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク