神奈川区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

大口台小学校のPTAを代表してこのほど、文部科学大臣表彰を受けた。 飯野 博勝さん 大口仲町在住 36歳

子どもの一生懸命を守りたい

 ○…大口台小学校のPTA活動が評価され文部科学大臣表彰を受けた。会長職に就いて2年、「代々積み重ねてきた実績が評価されてとても嬉しく思う」と喜ぶが、「これから新しく何を始めるか。それが子どもたちの為になるのかを考えながら、更に良いかたちにしていきたい」とすでに次のステップを見据えている。

 〇…南区の永田町に生まれた。学生時代はサッカー部などに入っていたが、どちらかというと、インドア派。ゲームなどをしながら大人しく過ごしていた。大学では物理学を学び、現在は都内でSE(システムエンジニア)として働いている。「最近までは、内気であまり積極的に人と接していなかった」と振り返る。子どもができたことが転換期となった。

 〇…大口仲町には5年前に引っ越した。娘が「登下校中に事件や事故に巻き込まれたら」「いじめにあってしまったら」と、学校に送り出す親として不安が芽生えた。「街の人と顔を合わせる関係が大切ではないか」と池下町内会の活動にも積極的に参加。そして娘の入学と同時に、PTAの会員となった。1年後には会長に就任。背中を押してくれたのは、60周年事業をともに作りあげた前校長だった。「たくさんの人と交流し、地域・学校の結びつきの強さを感じた」と振り返る。大切な結び付きをいかしつつ、時代に合わせた変化も必要。何が今の子どもの為になるのか――。「学校・地域で子どもの成長を守る体制づくりを今一度考えていきたい」と方向性を模索する毎日だ。

 〇…3人の娘に恵まれた。夏のキャンプ、冬のスキーは毎年の楽しみ。「今を楽しんでほしい」と興味を持つものは「とことんやらせること」が育成方針。「私も子どもの頃から内気な性格だったが、今は違う。人は変われるのものだから、娘たちには今、楽しいことを一生懸命やってほしい」。その環境を守るために、地域と連携して歩んでいく。
 

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

11月30日号

関口 敬三さん

子安台自治会の役員として地域活動に尽力している

関口 敬三さん

11月23日号

上野 正輝さん

かなっくホールの「おやじユニット」の新メンバーとして、会場を盛り上げる

上野 正輝さん

11月16日号

濱崎 勇さん

大口商店街エリアでまちゼミ開催を導く

濱崎 勇さん

11月9日号

牧内 良平さん

学校法人神奈川大学の理事長に就任した

牧内 良平さん

11月2日号

坂脇 寛人さん

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める

坂脇 寛人さん

10月26日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「天災」と戦うには

「天災」と戦うには

防災センターで講演会

1月19日~1月19日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク