大和版 掲載号:2017年5月12日号

若手の力で大和の名物を 社会

YEGが市民まつりで新商品

試食をしながら、メニュー開発するメンバーたち
試食をしながら、メニュー開発するメンバーたち

 若手の力で、新しい大和の名物を作り出そう―45歳までの若手経営者や後継者、幹部社員などで組織される大和商工会議所青年部(YEG)のメンバーが、今週末の13日(土)、14日(日)開催される市民まつりで、独自に開発した新商品の販売を行う。

 当日販売するのは、「ベジゴロソーセージ」という新メニュー。肉に練り込んだトマトやジャガイモといった野菜の味と、ゴロゴロとした食感が特徴のソーセージとなっている。

 青年部では昨年の市民まつりで、地元でハムやソーセージなどの肉加工品などを製造する(株)ラテン大和(綾瀬市)のソーセージを販売。その経験を踏まえ、「今度は自分たちの手で、大和の名物を作ろう」という機運が高まり、商品開発をスタートさせた。同社の協力を得ながら、試作と試食を繰り返し、約1年にわたる試行錯誤の末、今回のソーセージが完成した。

 市民まつりでは、その場で焼いた10センチメートルと45センチメートル、2つの長さの「ベジゴロソーセージ」を販売する。ブースの場所は自由広場。販売時間は午前10時から午後4時までだが、数量限定のためなくなり次第終了となる。

 青年部の小幡剛志会長は「これが大和のソーセージと皆さんに広まると嬉しい」と意気込みを語った。
 

完成したベジゴロソーセージ
完成したベジゴロソーセージ

関連記事powered by weblio


<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

小倉隆夫後援会事務所

大和市下鶴間2907-1 TEL:046-274-7877

http://ameblo.jp/san-taka00

<PR>

関連記事(ベータ版)

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オオトカゲに魅せられ

オオトカゲに魅せられ

6月30日から シリウスで写真展

6月30日~7月4日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/