大和版 掲載号:2017年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月2日0:00更新

 大和市が新幹線新駅設置促進期成同盟を撤退してすぐ、着任しました。いま寒川版を担当しています。寒川町は決まらない新駅のために苦しんでいます。あの撤退は寒川町への「やさしさ」であったと信じて疑いません。    (岩本浩則)

 2010年ノーベル賞受賞の根岸英一さん、11年の東日本大震災では「113時間眠らないラジオ(FMやまと)」、12年には「なでしこジャパン」の大野さん川澄さんの活躍を取材しました。どんな大きなニュースにも身近な地域が関係していることを学びました。       (宇佐美真)

 3年間という短い期間でしたが、まちの勢いを感じる目まぐるしくも思い出深い日々でした。大和は県中央に位置し、約70カ国の外国籍の人が共生するまち。人、車、基地、折々の景色。文化創造拠点シリウスの誕生はなかでも印象深いです。       (高野いつみ)

 区切りの1000号を無事に迎えられたのは、読者の皆様が支えてくれたおかげ。感謝・感謝です。1000号を間近に控えてから、過去の紙面をめくる日々が続きました。その度、過去と現在の大和をつなげてくれたのが、自分たちの仲間が作った紙面でした。私が携わったのはこの号で僅か17本。紙面づくりの苦労を知るとともに、983本の紙面がやる気にさせてくれました。やはり感謝・感謝です。2000号の発行には年齢的に立ち会えません。通過点とはいえ、1000号という節目に立ち会えたことにも改めて感謝・感謝です。   (梅原達也)

関連記事powered by weblio


大和版のあっとほーむデスク最新6件

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

8月25日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月23日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月2日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月26日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月5日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月28日0:00更新

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク