大和版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

IBM社員を唸らせろ和高1年生がプレゼン

教育

質問に答える生徒
質問に答える生徒
 県立大和高校(林忠校長)の1年生が10月25日、IBM社員が同席する中で調べ学習の成果を発表した。

 この企画は「IBM知的探訪」と呼ばれ、かつてIBMの事業所が大和にあったことがきっかけで2009年から1年生を対象に実施されている。当日は、IBM社員が自身の経歴や研究成果についてスライドを使って紹介したあと、生徒が班ごとに調査したことを5分間でプレゼンテーションした。

 生徒が自主的に決めた発表テーマは「ドラえもんの倒し方」「AIとわたしたちの生活」「カラオケで点数を伸ばす方法」「安楽死について」など様々。各班は独自のアンケート調査結果などを踏まえた考察を1枚の模造紙にまとめ、原稿を持たずにジェスチャーを交えながら発表していた。

 発表の後に設けられた質疑応答では、IBM社員からの鋭い質問にたじろぐ場面も。一方で、生徒の持つ斬新な視点や発表方法に感心する声も多く聞かれた。

大和版のローカルニュース最新6件

11/12家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マリノスケと遊ぼう

マリノスケと遊ぼう

11月19日 中央1号公園

11月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク