大和版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

君の名は…特大筆振るう 「えっぐねすと」で書道会

教育

特大の筆で書く子どもと川畑さん(左)
特大の筆で書く子どもと川畑さん(左)
 市内上草柳の児童発達支援・放課後等サービス「えっぐねすと」(小室浩代表)で11月17日、特大の筆を使って自分の名前を書く書道会が開催された。

 名前を大きく書くことで向き合い、そこに込められた親の夢や思い、願いを感じてもらうことを目的に初めて企画された。当日は小室さんの友人である女流書道家の川畑凛華さんが講師を務め、参加者の6人がそれぞれ自分の名前に含まれる漢字1字を書いた。

 子どもの身長以上の長さのある特大の筆を前に不安の表情が見られたが、筆を持つと皆勢いよく紙に文字を書いていき、周囲は「がんばれ」と仲間の書く姿に声援を送っていた。最後に朱色の墨で記名して完成させ、満面の笑みでポーズを決めていた。

 川畑さんは「初めてなので不安はあったが、夢中になって取り組んでくれてよかった。作品はどれも個性が出ていて、とても素晴らしいです」と話した。

書の前でポーズ
書の前でポーズ

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「笹倉」でギター演奏

「笹倉」でギター演奏

1月20日 事前申込制

1月20日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク