小田原版 掲載号:2017年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める大塚 さとみさん久野在住 56歳

世界を広げる案内人

 ○…小・中学校の図書室で活動している学校図書ボランティア。連絡会では読み聞かせや図書整理のクオリティーを高めるために年に2回、各学校のボランティアが集まり勉強会を行っている。読み聞かせで大切にしていることは「物語を楽しむこと」。読み手と聞き手の心の交流も醍醐味で、「子どもたちの目がキラキラとしていること」が何よりうれしいという。

 ○…「スポーツが苦手だったから、休み時間になると図書室に逃げていた」と笑う。「本は別の世界へ連れて行ってくれる」と、幼いころから読書が大好きだ。故郷の静岡県浜岡町から上京し、就いた職業は本と同じ「異世界のエンターテインメント」、映画の製作。監督とカメラマンの近くに立って撮影シーンの内容を記録、管理する「スクリプター」として活躍した。

 ○…3人の息子たちには「世界を広げる楽しさを伝えたい」と毎晩必ず、絵本を読んで聞かせていた。夫も積極的で「子どもと本を読むことできっと自分も癒されるのでしょう。男性にもおすすめですよ」と話す。図書ボランティアに出会ったのは、長男と次男が通っていた芦子小学校。先輩ママたちの活動に惹かれ、引っ越し先の久野小学校で自らが13年前に立ち上げた。最初は子どもたちに興味をもってもらいたくて始めたが、連絡会で学ぶにつれて「作者が思い描いている世界観をきちんと伝えること」を心がけるように。読み聞かせの前には、自身の葛藤や心配事などを極力なくして絵本に向き合う。『ごんぎつね』は今でもつい泣いてしまうのだとか。

 ○…連絡会は今年で設立17年目。学校司書も市内の全学校に配置され、市の「直接雇用」になったことで「学校図書を効率的に良くしていけるベストな環境です。市と教育委員会に感謝し、先生方、司書さんと一緒に子どもと本をつなげるために真心を尽くしたい」。トレードマークの「たれ目」がさらに下がった。

小田原版の人物風土記最新6件

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

平塚 次郎さん

第72回国民体育大会サッカー競技少年男子で優勝の神奈川県チームの監督を務めた

平塚 次郎さん

10月21日号

米山 華代さん

小田原市内在住の女性として、初めて柔道四段に昇段した

米山 華代さん

10月14日号

兼子 栄司さん

第101代小田原警察署長に就任した

兼子 栄司さん

10月7日号

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク