旭区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

こども自然公園桜山 桜衰退で改良工事 花見期のにぎわいに影響も

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
 剪定され、改良工事が進む桜山の桜
 剪定され、改良工事が進む桜山の桜

 桜の名所としても親しまれているこども自然公園(大池町)の桜山で、桜の改良工事が昨年11月から進められている。回復には2年程度を要するが、管理する横浜市環境創造局北部公園緑地事務所では、花の名所づくり事業の一環として桜山の魅力アップを目指す。

 同公園は1972年に開園。その直後から、バーベキュー場周辺に桜が植栽され、現在では約1000本にまで増えた。

 しかし、数年前からソメイヨシノを中心に枝先が枯れ、花数も減るなど衰退が顕著に。同事務所では2016年度から調査を開始し、樹木医の監修のもとで原因の究明や治療実験を進めてきた。

 その結果、過密な植栽で枝葉の伸び方に問題があったことと、根本が病害虫の被害を受ける「根こぶ線虫病」、ソメイヨシノに多い「てんぐ巣病」に罹患していることが判明。枝先を剪定しても効果がないことや落枝の危険性などを考慮し、大規模な改良工事に踏み切ったという。

元通りには約3年

 工事は2か年で冬期に実施。18年度はバーベキュー場から山頂部分(約2ha)、19年度は山頂から東側道路分(約1・5ha)に分けて行う。治療は剪定で樹高を4〜8m前後に下げて枝を更新するほか、土壌改良で枝葉の伸長を促し、花数を増やす。回復見込みのない桜は間引きし過密状態を解消するほか、開けた場所にはてんぐ巣病に強く、ソメイヨシノに代わる品種の「ジンダイアケボノ」を植えるという。

 同事務所では、枝が伸びて開花するには2年程度、元通りの状態になるには約3年を見込んでいる。五十嵐隆所長は「2、3年の間寂しい景色にはなるが、かつてのにぎわいを取り戻すためにも桜の開花を楽しみにしてほしい」としている。

 また、現在拡張工事が進められている駐車場は、桜山の開花時期には利用できるように整備を進めているという。

 桜の改良工事エリア(同事務所提供)
 桜の改良工事エリア(同事務所提供)

旭区版のトップニュース最新6

「住み続ける」旭区がトップ

市民意識調査

「住み続ける」旭区がトップ 社会

「自然が身近」と回答3割

4月15日号

相鉄バスが自動運転試行

左近山

相鉄バスが自動運転試行 社会

今夏、営業運行の実験へ

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月8日号

地元読者が「推し本」紹介

くまざわ書店二俣川店

地元読者が「推し本」紹介 文化

特設コーナーで26日まで

4月8日号

2年振りに春の開催

里山ガーデン

2年振りに春の開催 文化

一方通行など感染対策

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク