旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

FMヨコハマ DJ植松哲平さん 「今の時代こそ、もっとラジオを」 夕方の人気番組「Tresen」3年目に

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 平日午後3時。ラジオをFMヨコハマに合わせると、番組の始まりを告げる「びっちょーん!」のフレーズが響く。音楽バラエティ番組として人気を集める「Tresen(トレセン)」は月曜から金曜まで4時間の生放送。メインDJを引き継ぎ3年目の植松哲平さんは、生活の大半をトレセンが占め「トレセンは生活そのもの。常にリスナーのことが頭にある。聴く人にとっても、生活の中で立ち寄る『サロン』みたいな場として親しんでもらえたら」と語る。

 番組は植松さんが曜日ごとに異なるパートナーを迎えるスタイルで、「メール1つとっても、全然違うことを言うであろう人たち」との間には日々それぞれに化学反応が生まれる。「自分の中でこの相手ならこういうゴール、というのをイメージするんですけど、『じゃない』方法でゴールが決まることがある。その予想外が楽しい」と醍醐味を語る。

 一方で「僕自身はあまり個性がない。裏方志向なんです」と控えめだが、夕方のひと時に「誰が聴いても嫌な思いをしないように」と、俯瞰的にも番組全体のバランスを見ながら盛り上げている。

お笑い芸人からの転身

 岡山市出身の植松さんは、高校卒業後、芸人をめざして吉本興業のタレント養成所「大阪NSC」へ。フットボールアワーやチュートリアルなど「絶望するほど面白い先輩たち」がまだ売れる前の若手時代をそばに感じていた。コンビ「シュガーライフ」として活動していたが、5年ほどで解散。

 「しんどかったのは、(ピン芸人を目指して)東京に来てから。あまりにウケなさすぎて」――。上京するも早々にお笑いの道を諦め、通信会社の営業職に就いた。だが1年ほどでもう一度「お金より、面白い仕事をしたい」と、第二の夢の音楽業界に踏み出したことが今に繋がっている。

制約があるからこそ

 自身も中高生時代にはラジオに親しみ、最新の音楽や深夜番組のめちゃくちゃな面白さに夢中になった。時代は変わり、今はスマホのアプリ「ラジコ」を使えば、リアルタイムでなくても番組を楽しめる。「楽しみ方は変わったけど、ふいに番組の中でリスナー間に生まれるグルーヴは昔と同じものがある」と断言する。「『映像がない』という制約があるからいい。ラジオって今のご時世にも合うと思うんです」と可能性に期待を寄せる。

 放送エリアの神奈川は「バラエティの豊かさは1番。日本の縮図ってくらい田舎も都会もある」。それは住む人たち=リスナーもそうだと感じている。スタジオのあるランドマークタワーから箱根まで折り畳み自転車で走破した企画が印象深いという。「ダンプカーのお兄さんからお迎え中のお母さんまで手を振ってくれて、本当にいろんな人が聴いてくれているんだなって」

 そんないろんな顔を想像しながら、今日もみなとみらいから声を届ける。

旭区版のローカルニュース最新6

3カ月の休館経て、再開へ

【Web限定記事】旭区民文化センター・サンハート

3カ月の休館経て、再開へ 文化

6月1日からを予定

5月28日号

宅配・持ち帰り店 紹介

【Web限定記事】

宅配・持ち帰り店 紹介 社会

市と区がHPで公開

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

本格運行予定も運休中

【Web限定記事】四季めぐり号

本格運行予定も運休中 社会

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク