金沢区・磯子区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

着物手芸で伝える感謝 富岡の兼俵さんら、外国人ボランティアに贈呈

社会

ダレルさんに巾着を手渡す兼俵さん=写真中央=
ダレルさんに巾着を手渡す兼俵さん=写真中央=

 「日本のために被災地で援助活動をする外国人に感謝の気持ちを伝えたい」。金沢区富岡西で美容院を経営する兼俵伸枝さん(73)らは4月21日、着物で作った巾着など500点以上を被災地に送った。

 東日本大震災以来、日本人のみならず、外国人が被災地で活動する姿が報道されている。兼俵さんは、そのようなテレビのニュースの中で、海外から日本にボランティアに来た若い女性を見て涙が出たという。「仕事とはいえ、この子の両親はさぞ心配しているだろう」。外国で暮らす自分の娘と重なって見えた。

 そこで、被災地で活動する外国人に感謝を伝えるため、着物で作った小物をプレゼントすることを思いついた。以前から趣味で作っていた巾着やお手玉などを送ることで「和の心」を届けようと、外国人が喜ぶような鮮やかな色の生地を選び、制作に取りかかった。

 兼俵さんの熱意に打たれた手芸仲間の、矢崎まり子さん(61)、中里光代さん(62)、三田百合子さん(62)も協力し、時には徹夜をしてまで作り上げた。500点以上の手芸品を作るのに、1ヵ月近くかかったという。

 だが、どうやったら外国人ボランティアに届くのか分からない。案をめぐらしている時、友人のつてをたどり、米国国務省日本語研修所を紹介された。そして、同研修所の所長ダレル・ジェンクスさんを通し、手芸品を送ってもらえることになった。兼俵さんは「本国で不安な気持ちで待っている家族へのお土産になれば」と話した。

 今後は、外国人だけにとどまらず、被災地の福島県南相馬市の女の子たちにも手芸品を送る予定だ。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク