金沢区・磯子区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

直木の"記憶"に最後の別れ 富岡の旧宅 取り壊し前に一般公開

往時の面影に見入る見学者
往時の面影に見入る見学者

 富岡東の慶珊(けいさん)寺裏にある作家・直木三十五の旧宅が26日、一般に公開された。旧宅は取り壊されることが決まっていて、最初で最後の公開に集まった約190人のファンらが、文豪の遺した足跡に思いを馳せた。

 直木三十五は、43年という短い生涯のうちに、700篇もの小説・エッセイを遺した作家。没後、「直木三十五賞」が菊池寛によって創設され、その名を今に伝えている。

 最晩年の1933年、病に冒された直木が「終の棲家」として選んだのが、富岡の地だった。晴れた日には房総半島が望めたという絶景を目にした直木。慶珊寺の住職を突然訪ね、「ここが気に入ったので貸してほしい」と申し出たという。

 翌年にはこの世を去り、ここに住んだのはわずかな時間だった。しかし、初めて自分の意思で建てたその家には、直木のこだわりが表れている。

 所有者の橋本祐二さん(70)によると、直木は特にトイレにこだわったといい、黒いタイルを使った独特の意匠が光っている。当時は珍しかった水洗にするため、ポンプや浄化槽も設置させたという。その他、書斎の大きな木枠ガラスなど、随所に往時の名残が見られた。訪れた区内在住の女性は「とてもモダンな建物。これが最初で最後になるのは名残惜しい」と感慨深げだった。

 長らく空き家になっており、引き取り手も見つからなかった旧宅。増改築されており、文化財として保存する選択肢もなく、取り壊しが決まった。市の求めに応じて公開に踏み切った橋本さんは「取り壊し後も、直木がここに暮らしていたことを伝えていきたい」と話す。今後、直木邸があったことを示すパネルを自費で設置するという。

 くしくも直木生誕120年の今年。富岡に生きた文豪の足跡が、姿を消す。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク