金沢区・磯子区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

ヨーロッパで大人気を博した 椿事(珍事)と「ツバキ」の関係 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

 花の少ない冬に咲く大輪の花といえば「ツバキ」ですね。17世紀頃、この美しい花を見た西欧人は大変気に入り、その後ヨーロッパへ移入され、当時ヨーロッパ中で大人気になったといいます。南ヨーロッパを除くヨーロッパ大陸の常緑樹は、針葉樹が主でしたので、ツバキのように冬になっても葉が広く光沢があり、しかも大きな美しい花をさかせる植物は、大きな魅力だったのでしょう。歌劇「椿姫」もこうしたところから大ヒットしたのかもしれません。

 また珍しい出来事(珍事)によく「椿事」という字を当てます。これは昔、中国に「大椿」という霊木があり、古い文献に「8千年をもって春となし、8千年を秋となす」と記述されていました。ここから「大椿」は「長寿の木」とされ、「椿寿」とも呼ばれました。大椿は大変珍しい霊木であるため、「椿」の音読みの「チン」が「珍」に通じることから、珍しい出来事に「椿事」が使われるようになりました。

 さて、ツバキは暖かい地方の沿岸に近い山林に多く野生しています。この野生種を「ヤブツバキ」といい、これをさまざまに品種改良したものが園芸種のツバキです。

 金沢区内では、公園、街路樹、庭木の他、日当たりのよい山林で見ることができますが、その大部分は植栽種またはそれが逸出し、野生化したものが多く、自生種のヤブツバキは少ないようです。
 

冬に大輪の花をつけるツバキ
冬に大輪の花をつけるツバキ

金沢区・磯子区版のかなざわ草花の詩最新6件

天使が3回キスして3色に

季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

天使が3回キスして3色に

2月16日号

織田信長が最も恐れた木

名木古木【12】 龍華寺の「ソテツ」

織田信長が最も恐れた木

2月2日号

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク