金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区 止まらぬ人口流出 減少率 3年連続市内トップ

社会

 横浜市が3月に発表した2011年度の人口動態で、区内人口は1174人(0・56%)減の20万7795人となり、減少数・減少率とも3年連続で市内最大となった。区の推計を上回るスピードで人口減少が進んでいる現状が浮き彫りになった。

転出超過が主因

 人口動態の内訳を見ると、死亡などによる「自然減」の174人に対し、転出による「社会減」は1000人と大きく上回っている。減少の原因は、区外への転出超過の影響が大きいといえる。

 年齢別では、0〜14歳が1・10%減、15〜64歳が1・36%減、65歳以上は2・11%増となった。市全体の傾向は0〜14歳の年少人口のほうが減少幅が大きいのに対し、金沢区では15〜64歳の生産年齢人口の減少が顕著になっている。

 県全体で見ても、11年度の人口減少率は、三浦市の1・25%に続き、市部(町村除く)で2番目に高い。また、県選挙管理委員会が6月2日に公表した選挙人名簿登録者数(有権者数)も、金沢区は前回(3月)から451人減の8万3100人と、県内で最も減少幅が大きくなった。

「コンパクトなまちを」

 3年後の15年に20万9067人になるとした区の推計を上回るペースで進む人口減少。この状況に区総務課統計選挙係は、「これといった原因はわからない」と首をひねる。区内は、マンションや宅地の開発が続く一方で、10年7月に泥亀の国家公務員宿舎3棟(約100戸)が廃止になるなど、集合住宅の移転や廃止が相次いでいる。特に、中心市街地でこの傾向が顕著だ。

 関東学院大学経済学部の横森豊雄教授は、「横浜市内は居住の郊外化が見られ、(金沢のような)開発が早くに行われた地区の人口減少は進んでいく」と指摘。「すでに独居老人や買い物難民といった問題が顕在化している。開発よりも、まちをできる限りコンパクトにする努力が必要」と、人口減少に対応したまちづくりの必要性を訴えた。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク