金沢区・磯子区版 掲載号:2013年1月10日号
  • googleplus
  • LINE

続ける支援 今年も 東日本大震災 発生3年目

社会

(右)現地での活動を語る嘉多さん(左)南部市場の年末復興イベントの様子
(右)現地での活動を語る嘉多さん(左)南部市場の年末復興イベントの様子

 東日本大震災発生から3年目を迎える今年。被災した各地域の復興の歩みはまだ途上にある。金沢区内でなおも支援活動を続けている人々に話を聞いた。

住民の「足」に

 六浦に住む嘉多進さん(64)は、宮城県内を中心に、避難所に住む高齢者らの通院などをサポートする送迎ボランティアを行っている。

 もともと、市内のNPO法人で高齢者・障害者の移動支援をしていた嘉多さん。震災直後、一昨年の4月に初めて現地入り。全国各地から集まったボランティアとともに、1カ月近く滞在した。以来、ほぼ毎月現地で活動してきた。

 「時間が経つにつれて依頼はどんどん増えている。でも、人が足りない」。震災で移動手段が絶たれた地元住民にとって、自動車での送迎は重要な足。昨年末には利用者がのべ3万人を突破したが、現地に入るボランティアは減少している。現在は事業化し、地元スタッフが運営できるよう、引き継いでいるところだという。

 震災から丸2年になる3月に再度現地入りし、1〜2週間活動するという嘉多さん。活動資金の不安はあるが、これからも現地を見守っていくという。

サンマで震災語り継ぐ

 昨年の暮れ、横浜南部市場(鳥浜町)で行われた復興支援イベント。宮城県から直送されたサンマが焼かれ、多くの客が列をつくった。その脇では、現地の水産加工業者による物販も。横浜南部市場共栄会は昨年、のべ45カ所でこうしたイベントを開催した。被災地の経済復興につなげようと、焼いたサンマは約3万匹。

 「現地には、インフラの復旧のみにとどまっている地域もある。被災地と共に働き、共に生きる事が必要です」と同共栄会の大川貴志さん。「サンマを通して、震災を語り、被災地を語る。今後も継続して支援活動を行います」と決意を語った。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮沢勝之さんが出演

宮沢勝之さんが出演

ばんぼしゅでコンサート

4月23日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 海の公園と金沢自然公園

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第23回

    海の公園と金沢自然公園

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会 本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    3月29日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク