金沢区・磯子区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区 津波ハザードマップ作成 独自の海抜標示設置も

社会

浸水深で色分けされたハザードマップ
浸水深で色分けされたハザードマップ

 「金沢区津波ハザードマップ」が、1月21日から区役所窓口などで配布されている。作成されたのは1万2千部。区独自の海抜標示設置と合わせ、避難場所・経路の把握、訓練などへの活用に役立てたい考えだ。

 これまで横浜市では、地震発生時の津波は最大でも1m未満とされ、目立った避難対策は行われてこなかった。しかし、2011年の東日本大震災では、予想を上回る1・6mの津波を横浜港で観測。これを受けて同年8月、最大波高(満潮時)を3mとする「津波からの避難に関するガイドライン」を策定した。

 さらに昨年春、津波で大きな被害が出た慶長地震(1605年)をモデルに県が新たな津波浸水予測図を公表したのを受け、ガイドラインを改訂。予測される最大波高は4・9m(海の公園)となった。

 今回のハザードマップは、県の浸水予測図をベースに作成した。避難対象区域を浸水深で色分けしたほか、4、6、10mの「海抜ライン」も表示。41の民間・公共施設の協力を得た「津波避難施設」も大きく描かれている。

 また、区内の海抜10m以下の沿岸地域では、区独自の海抜標示設置も始まった。これらの地域では、すでに横浜市が道路照明やカーブミラーなど約1300カ所に海抜標示を設置済み。今回は、区民の要望に応え、自治会・町内会の掲示板など197カ所に新たに設置される。

 金沢区総務課は、「避難体制を確立してもらうことが重要。まずは避難場所・避難経路を確認してほしい」と呼びかけている。

配布は行政窓口で

 今回金沢区が作成したマップは1万2千部。区役所窓口や行政サービスコーナー、各地区センターで手に入る。区役所ホームページからも閲覧が可能だ。

 一方、隣接する横須賀市でも今月、津波ハザードマップ12万部を作成。沿岸地域には全戸配布した。また、一昨年に改訂を行った逗子市でも、2万6千部を全戸配布している。

 同課は、「予算の関係もあり、全戸配布は今のところ考えていない。増刷については、状況を見ながら来年度以降に行っていく予定」と回答した。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

鉛筆900本をネパールに

山王台小学校

鉛筆900本をネパールに

3月29日号

北欧民族楽器の響き紹介

4月7日長浜ホール

北欧民族楽器の響き紹介

3月29日号

関東学院大、関内に新拠点

国の登録文化財へ

旧長濱検疫所

国の登録文化財へ

3月22日号

天井改修終え4月再開

磯子スポーツセンター

天井改修終え4月再開

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮沢勝之さんが出演

宮沢勝之さんが出演

ばんぼしゅでコンサート

4月23日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 海の公園と金沢自然公園

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第23回

    海の公園と金沢自然公園

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会 本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    3月29日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク