金沢区・磯子区版 掲載号:2013年3月7日号
  • googleplus
  • LINE

自助・共助に地域の力 自治会町内会 地道な取組み

社会

防災ボランティアによる安否確認も
防災ボランティアによる安否確認も

 東日本大震災発生から今月11日で丸2年。本紙は、区内の自治会・町内会の取り組みを取材した。自分の身は自分で守る「自助」と、となり近所が助け合う「共助」で災害に立ち向かう地域の姿を追った。

系統化で共助西大道町内会

 西大道町内会(約640世帯)は、災害に備えた組織化・系統化を進めている。

 同町内会は2010年に「セーフティネット推進モデル地区」となり、要援護者支援事業を実施してきた。家族の連絡先や持病、かかりつけ医などを80人の要援護者に書いてもらい、データ化。近所の住民が支援者となり、マンツーマンで緊急時に援護する。

 防災組織も系統化し、「統括指揮者」「救出救護班」など役割を分担。防災訓練は、毎回事前会議や反省会を実施して改善につなげている。防災備蓄庫も科学的管理法を使って整理した。

 「パターン化すれば、いざという時誰でも動ける」と話すのは、同町内会の佐波弘之会長(65)。会報の毎月発行など情報発信にも積極的だ。防災訓練の参加者も増え、町内の仕事に自ら手を挙げてくれる人も出てきたという。「住民の意識は高まってきている。焦らず着実に動いていきたい」と力をこめた。

自助重視でシンプルに関ヶ谷自治会

 高齢者の一人暮らしや夫婦のみの世帯が多い関ヶ谷自治会(約1200世帯)。大川繁喜会長(66)は、「まずは自分の身は自分で守ることが大事」と強調する。自助の意識を高めようと、防災啓発DVD作成、消火器設置や食料備蓄の呼びかけなど、啓発活動に力を入れている。

 さらに「向こう三軒両隣」の助け合いを重視。災害で避難する際は、各住民が自宅門扉に無事避難したことを示す「手ぬぐい」をかける。そして、独自に設けた町内27の集合場所で近隣住民と落ち合う。安否確認を希望する避難弱者には、町内から募った約100人の「防災ボランティア」がサポートし、孤立を防ぐ。

 こうした活動が可能なのも、「みまわり隊」による防犯パトロールや、会館での多様な催しなど、普段から住民がつながる機会が多いためだ。大川会長は「地域のつながりを大切に、誰もが納得できるシンプルな形で取り組んでいければ」と話していた。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮沢勝之さんが出演

宮沢勝之さんが出演

ばんぼしゅでコンサート

4月23日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 海の公園と金沢自然公園

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第23回

    海の公園と金沢自然公園

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会 本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    3月29日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク