金沢区・磯子区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

区内徘徊高齢者 年100人超が保護 官民協力で発見目指す

文化

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
協力依頼のフロー
協力依頼のフロー

 昨年1年間の認知症の行方不明者が、全国で1万人以上にのぼると警察庁が発表し、社会問題化している。保護されても身元が言えず、仮名が与えられ、高齢者福祉施設で過ごすケースも相次ぐ。金沢区の実態を取材した。

 金沢警察署によると、認知症などを原因として警察に保護される高齢者の数は、今年1月から5月までの間に87人にのぼった。2013年は151人で、12年は172人。毎年100人以上の高齢者が保護されている。

 通常、警察が保護した高齢者は名前や住所などを本人から聞いたうえで家族に引き渡すが、認知症などが原因で身元を自分で言えない場合は、区役所に引き渡している。さらに区役所の調査でもわからない場合、高齢者福祉施設へ身元不明者として引き渡すこととなるが、区内の実例はないという。

情報提供で身元捜し

 徘徊高齢者への対策として区は2006年から、金沢警察署と連携し「はいかい高齢者SOSネットワーク」という事業を実施している。

 徘徊のおそれがある高齢者の個人情報や背格好、顔写真を、家族が事前に登録。万が一行方不明になり、警察への届け出があった場合には、交通機関や民間機関、福祉関係施設など37機関(14年3月末日現在)に対し、登録内容や失踪時の身なりなどの情報を提供する。同事業は各市町村で実施されており、自治体相互の協力も含めて、より早期の発見を目指している。

 このシステムが機能し発見に結びついた案件は毎年約10件程度あり、区内で届けがあったものについては、すべて解決に結びついているという。

 厚生労働省研究班(代表者/朝田隆筑波大教授)の推計によると、65歳以上の高齢者のうち認知症の人は15%。これをもとにすると区内の認知症患者数は約7000人と推計される。同事業への登録者数は昨年度末時点で67人。区内認知症患者の約1%が登録している計算になる。

 区福祉保健センター高齢・障害支援課の塩田洋司課長は「認知症がすなわち徘徊の可能性があるとは言えないが、もしご家族の方で不安のある場合は、ぜひご利用いただきたい」と話している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

倉敷王将戦で準優勝

山王台小菅谷君

倉敷王将戦で準優勝 文化

全国大会高学年の部で

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

「住み続けたいまち」へ

金沢区長インタビュー

「住み続けたいまち」へ 社会

コロナ禍も工夫し前進

1月13日号

立ち上がり歩み出す年に

磯子区長インタビュー

立ち上がり歩み出す年に 社会

安全・安心第一に事業推進

1月13日号

磯子区初の最優秀作品に

杉田小平松さん

磯子区初の最優秀作品に 教育

青少年指導員活動の一環

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook