金沢区・磯子区版 掲載号:2014年6月26日号

「団地の海知って」

舟だまりで生物調査

生物に興味津々(同研究室提供)
生物に興味津々(同研究室提供)
 並木地区の舟だまりで6月14日、今年2回目となる「ふなだまりワークショップ」が行われた。

 当日は近隣の小学生を中心に30人ほどが参加。初回に仕掛けていたボサを引き上げる漁業体験をした後、ボサにかかった生物を図鑑を使って調査した。今回舟だまりに生息が確認されたのは、コトヒキやボラの稚魚のほか、数種類のエビやカニ。東京湾では珍しいブラックタイガーも見つかった。捕まえた生物は、観察後スケッチを行い、舟だまりに返された。

 この取り組みは、並木地区と関東学院大学中津研究室(中津秀之准教授)が、舟だまりを活用して地域の交流を進めようと3年前に始めたもの。現在は「これからの並木を創る会・水辺部会」に引き継がれている。「これまでに地域の大人の協力を得ることができた。今度は子どもたちに団地の中に小さな海があることを伝えたい」と中津准教授。「豊かな海があることを知って地元に愛着や誇りを持ち、大人になった時にここで子育てしたいと思えるようなまちづくりができたら」と話した。

 次回は7月5日(土)に水質浄化実験などを行う。参加希望者は直接、舟だまり公園横の連合自治会館へ。(問)【電話】045・786・7133(同研究室)

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク