金沢区・磯子区版 掲載号:2014年8月7日号 エリアトップへ

区子連が消滅の危機 20年間で会員数92%減

社会

掲載号:2014年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 金沢区子ども連絡協議会(区子連)の会員数が466人となり、過去最低を更新した(2014年5月31日現在)。この数字は、横浜18区中でも最も少ない。

 区子連は1961年、「子どもの健全育成」を目的とし、発足した。各地区の子ども会(単位会)から成り、連携・協力しイベントなどに取り組んでいる。

 1993年には、58単位会が所属し会員数も6043人いたが、2006年には17単位会2054人と激減。その後も衰退は続き、現在はわずか5単位会466人が所属するのみに。約20年間で約12分の1の会員数になった。

 区子連の坂口三郎会長は「このままでは区子連が消滅してしまう」と危機感を募らせる。坂口会長は減少の原因を少子高齢化や活動を支える大人の減少、単位会単独活動への移行だと指摘。区子連復活のため、「子どもの手による子ども会活動の推進」や「多すぎる行事の整理」「会を支える大人の育成」に着手している。「子ども会は情操教育の場であり、異年齢の人々と触れ合うことで、社会の基本ルールなど、学校では学べないものが学べる。失くしてはいけないもの」と力説する。

 一方、子ども会活動を地域で展開しつつも、区子連に加盟しない会もある。一昨年、区子連から脱退した金沢南部地区連合町内会の鈴木正徳会長は大きな原因の一つに「子どもの数自体が減ってきたこと」をあげる。「子どもがいなければ、役員を出すのも難しい」と現状を吐露する。また、どうしても地域に密着した行事が優先されるため、上部組織の参加は二の次になりがちになってしまうとも。「続けたい気持ちはあるが、現状では厳しい」と話す。

 坂口会長は各会運営の厳しさに理解を示した上で、「連携することで、より活性化できるはず。今後も子どもたちのため、協力を呼びかけたい」としている。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

海上と陸上で清掃活動

海上と陸上で清掃活動 社会

平潟湾で181人が参加

11月26日号

コロナ時代、どう生きる

コロナ時代、どう生きる 文化

講演会の参加者募集

11月26日号

進化し続ける洋光台

祝 50周年

進化し続ける洋光台 社会

半世紀の歴史 記念式典は来年開催

11月26日号

新たな商店会設立

新たな商店会設立 経済

飲食店4店舗で

11月26日号

28日に「ふろしき市」

フリーマーケット

28日に「ふろしき市」 文化

レトロ、ビンテージ品など

11月26日号

洋光台で「ニギヤカ」な1日

洋光台で「ニギヤカ」な1日 文化

28日 中央団地でイベント

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク