金沢区・磯子区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

夏山文庫が40周年 専業主婦ら運営

文化

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
老若男女が利用する
老若男女が利用する

 夏山町内会が住民向けに図書を貸し出す「夏山文庫」が今年40周年を迎えた。宅地造成された夏山に移り住んできた住民が立ち上げ、現在も毎週土曜日、夏山町内会館で貸し出しが行われている。

 子どもが数人で昆虫図鑑をのぞきこむ横で、初老の男性が真剣に本を探す――ある土曜日の午後、夏山町内会館で見られた光景だ。

 会館内の一角に設置された本棚には、一般書が1231冊、児童書が188冊置かれている。「当初は各自が本棚と本を持ち寄って開催していた」と話すのは、設立メンバーの越智百合子さん。買い増しによって徐々に本の冊数を増やしていった。「新刊でも早く借りられることと、町内の方にとって近所にあることが魅力だと思う」と話す。

地域の交流の場

 運営は夏山町内会の「図書部会」が担う。メンバーは16人で、ほとんどが女性。約40年前に夏山に宅地造成が行われ、働き盛りの家族が引っ越してきた。その頃の専業主婦が今も中心だ。

 越智さんは「当時は近所に本屋は1件もなく、図書館も野毛町まで行かないとなかった。だから自分たちで作ろうとした」と振り返る。本の借り手は、いわゆる「団塊ジュニア世代」にあたる多くの子どもたちと、その母親。子ども向けには、毎週絵本の読み聞かせも実施してきた。「来た人とお友達になれたことが一番楽しかった」という。

 地域の交流の場としての機能が強いことから、1985年に町内会館が建て替えられた際に専用の本棚を設置。町内会からは現在も年20万円の予算が割り当てられ、年3回のペースで新しく本を購入している。

 さらに78年から01年までは、歴史小説家の永井路子さんや芥川賞作家の郷静子さんなど、年1回のペースで様々な作家を招き講演会を行った。また秋には「リサイクルブックフェア」を企画。古くなった蔵書や地域から募った古本を最大50円で販売し、計3万円ほど売り上げる。売り上げは本の購入に充てられる。

課題は「後継者」

 多かった子どもの利用も、少子化の影響で今は減少傾向。一方で利用が増えているのは、当時は仕事に打ち込み、現在定年退職した年配の男性だという。

 今後の運営の課題は「後継者」。図書部会の平均年齢は70代前半だ。メンバーのひとり、小島直美さんは「これからも夏山文庫を利用してもらえるよう、メンバーを増やして運営していければ」と話した。
 

夏山文庫メンバー
夏山文庫メンバー

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

跡地利用案に意見募集

根岸住宅地区

跡地利用案に意見募集 社会

市大附属2病院の移転先候補に

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク