金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

大川公園 近隣園児が改修に協力 施工業者とのふれあいも

社会

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena
描いた看板の前で記念撮影
描いた看板の前で記念撮影

 昨年11月から行われていた大川公園(釜利谷東)の改修工事がこのほど完了し、3月24日、オープニングセレモニーが開かれた。遊具選びや看板づくりには、同公園愛護会に登録している釜利谷保育園(長門久美子園長)の園児が参加した。

 セレモニーには同保育園の園児・職員をはじめ、金沢土木事務所、施工した横浜植木の職員ら約100人が参加した。

 園児が描いた看板が披露されたほか、土木事務所職員が、新しく設けられた鉄棒やブランコ汽車を模した滑り台、フルーツの形の椅子などを紹介。園児は声を合わせて、土木事務所や横浜植木の職員に「ありがとう」と伝えていた。

園児が遊具選び

 同公園は1974年に作られた。遊具が老朽化しており、改修が必要だった。そこで土木事務所は昨年7月、釜利谷保育園の園児とともに公園をつくる「みんなでつくろう大川公園プロジェクト」を立ち上げた。

 遊具は区土木事務所の職員が保育園に赴き園児らとともに選んだ。職員がスクリーンに遊具の写真を映して解説すると、園児は「大はしゃぎ」で欲しい遊具を選んでいたという。

 また園児は、改修中に掲げる「ただいま工事中」のボードや、公園の看板を描いた。ペンキを使い、間違えないよう緊張しながら描いていたという。同園の長門久美子園長は「楽しい看板になるように話し合いながら作った」と振り返る。

 施工した横浜植木の月野英樹さんは「工事をしていると、園児から『がんばってね』と声を掛けてもらい、励みになった。保育園と密に触れ合いながら公園づくりが進められた」と笑顔で話した。

「誇り持ち続けて」

 かつて大川公園は「ゴミ捨て場のよう」な場所だったという。金沢文庫駅に近く、若者が夜に集まることや、前代の公園愛護会員が高齢で、管理が難しかったことが理由だった。

 そんな中、同保育園が2007年からゴミ拾い活動を開始、のちに公立保育園では区内唯一の公園愛護会として登録された。以来、保育士と園児は毎日ゴミ拾いをし、公園を綺麗にしてきた。現在も週1回のゴミ拾いを継続しているという。

 当時からゴミ拾いに携わってきた長門園長は、リニューアルについて「感無量」と声を弾ませる。「園児には、自分たちが綺麗にしたという思い出や、自分たちで公園を作ったという誇りを、ずっと持ち続けてほしい」

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

毎朝 太極拳で17年

金沢区釜利谷西

毎朝 太極拳で17年 スポーツ

コロナ禍の健康づくりにも

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 教育

相談件数が年々増加

10月14日号

空き区画を地域に開放

空き区画を地域に開放 社会

洋光台にフリースペース

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

10月7日号

無所属・二井氏が初当選

市会議員磯子区補選

無所属・二井氏が初当選 政治

22年ぶりの女性市議に

9月30日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook