金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

〈地方選〉低迷する投票率【3】 「”選挙に行く”を文化に」 この連載では、投票率の低迷する地方選挙について全3回で取り上げます。

政治

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena
地方選に向け活動する高校生メンバー
地方選に向け活動する高校生メンバー

 4年前に行われた横浜市議会議員選挙の20代の投票率は30%未満。若い世代の投票率低迷は喫緊の課題だ。若者の選挙離れを阻止すべく”若者側”からも、政治関心を持つきっかけづくりが始まっている。

 中区に拠点を構えるワカゾウ(佐藤章太郎代表)が仕掛けるのは「センキョ割」。20歳から35歳までを対象に、投票証明書(またはその写真)を参加店舗で提示すると優待が受けられる。2012年の衆議院議員総選挙に向け埼玉県で初めて実施し、翌年から横浜を中心に3度行っている。全国各地にも広まりつつある。

 「まじめに選挙を考えるべきという人からは批判もあるが、それが逆にブレーキになることも。行ってから考え始めるきっかけが必要」と話すのは佐藤代表。根底には、将来を担う若者が政治参加しなくては社会が持続できなくなるという危惧がある。「センキョ割はあくまで動機づけ」。目指すのは選挙の印象を変え、活気のある祭事として認識させること。”投票に行く文化”を定着させることだ。

 現在、参加店舗は着実に増え、昨夏の参議院議員選挙では市内で143店。今回はそれを上回る予定だ。「参加店からは、家族や商店街内で政治の話をする機会が増えたと聞く。関心を持つきっかけになっていると感じる」と話す。

高校生が担うきっかけ作り

 運営を支える多くが、考えに共感した高校生。チラシ配りや意識調査などを行う。「県知事や市長の名前すら知らない高校生も多い」と話すのは久保田惟(あり)さん(18・川崎市)。地方選はメディアの扱いも少なく関心が薄いと指摘する。地方選に限らず、意見が反映されにくく感じ、投票に価値を見いだせない若者の声も耳にするという。「難しいと思われがちな政治も、分かりやすく広めれば関心を持つと思う。選挙の印象を変えるイベントが出てくれば」と期待を寄せる。 (了)

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

洋光台の花を写真で

洋光台の花を写真で 社会

18日まで展示

10月14日号

第一生命が協力機関に

第一生命が協力機関に 社会

認知症SOSネットワークで

10月14日号

生理用品を寄付

磯子区災ボラ女性の会

生理用品を寄付

地域防災拠点に配備

10月14日号

中世の資料群一堂に

中世の資料群一堂に 文化

県立金沢文庫で特別展

10月14日号

各支部が区へ要望提出

横浜商工会議所

各支部が区へ要望提出 社会

10月14日号

ベイジュニアの一員に

ベイジュニアの一員に スポーツ

金沢区のチームから3人

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook